函館次郎のお一人さまグルメ

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

麺屋鷹虎 ラーメン 弘前

f:id:hidekinghenry:20200225231928j:image

次郎は雨が降り続く中大館方面へ車を転がしていた。大館に次郎が東京にいた頃から付き合いのある准教授が田舎の大館にいるとのことで車を走らせたのだった。

 

矢車の野郎、久しぶりだな。

次郎は車内でそう呟いた。

 

しかし、11時半か。こりゃ飯を食ってからだな。

次郎は県道の260号線を南下して走っていた。確か県道からほんの少し入ったところにラーメンがあるとシニアアソシエイツの柳沢が言っていたっけな。

 

と、言ってるそばからラーメン屋の旗が見えた。

あれか!

次郎は通り過ぎてから∀ガンダムのようなUターンを決めた。

ふぅ。ここだな。

ガラ♪

いらっしゃい。店内はやや広めだがテーブル席が割とぎっちり配置され狭い印象を与える。次郎は空いたカウンターに座った。昼少し前、まだ席は空いていた。

 

なかなか盛況だな。さて。

f:id:hidekinghenry:20200225231941j:imagef:id:hidekinghenry:20200225231934j:image

なるほど。

おい。

ハイ。

白味噌ネギラーメンとネギ豚飯を頼む。

かしこまりました。

 

まぁ初回はおススメだな。

次郎は目の前の水差しから水を注ぎ、一気に飲み干した。

 

店には次から次へと客が入ってくる。

タッチの差だったな。

 

はい、お待たせしました。f:id:hidekinghenry:20200225231924j:image

ほほう、かなり濃い目の味噌ラーメンだな。

やはりネギをトッピングして正解だったな。

 

どれ。
f:id:hidekinghenry:20200225231931j:image

ズズ。

む、意外と甘いな。とんこつが入ってる分トロミがあるな。少し甘すぎるかな。
f:id:hidekinghenry:20200225231945j:image

中太縮れ麺か。

ズルズルッ。

ふむ、悪くはないな。スープによく絡む。

チャーシューは。

f:id:hidekinghenry:20200225231937j:image

まぁ、悪くないだろう。ちょうど良い柔らかさ。

f:id:hidekinghenry:20200225231950j:image

ネギ豚飯は、350円の割にかなりの肉量だ。ネギもたっぷりでいいな。

ハムハム。

うん。なかなかいい。

 

ズルズルッ。

ズズー。

ズルズルッ。

ズルズルッ。

ズズズー。

 

ハムハム。

ハムハム。

 

ズルズルッ、ズルズルッ、ズルズルズルーッ。

ズズズ、ズズズズ、ズズズズズズー♪

 

ゲフッ。

完食だな。

 

さてと、会計頼む。

こちらへどうぞ。

 

1230円です。

ほらよ。釣りは不要だ。

それで白味噌でも買い足しな。

 

次郎はキッチリ1230円を金皿に叩きつけた。

ラガ♪

 

相変わらず止まねーな。

そう呟くと次郎は車に乗り込んだ。

 

サーサーと降り続く雨。大館方面の雲は一段とその厚さを増していた。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20200225231924j:image

麺屋鷹虎@弘前

白味噌とんこつスープがベースの味噌ラーメン屋。白味噌は甘めだが味は濃い。さらにとんこつでとろーりしている。味が濃い割に全体としては少しパンチ不足か。

3.3次郎