函館次郎のお一人さまグルメ

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

ひらこや 㐂ぼし ラーメン 青森

f:id:hidekinghenry:20200225231018j:image

さてと、小腹が減って来たな。

次郎は青森市内で車を転がしていた。竜飛岬周辺でフィールドワークを行った帰りであった。

今日の収穫はあまりなかったな。大して資料になりそうなものも得られなかったしな。

ここは、ガッツリしたもんを食って1日を収めるか。

 

暫く転がしていると、左右に店が立ち並ぶ一角に出た。

 

今なんか小洒落たラーメン屋があったな。

次郎は∀ガンダムのようなUターンを決めた。

 

おお、ここだ。

「中華そば ひらこや㐂ぼし」

なんて読むんだ?まぁいいか。

f:id:hidekinghenry:20200225231032j:image

ガラ♪

いらっしゃーい。

清潔な店内。流行りの雰囲気、厨房のピリっとした空気。

おそらく、ここは混むんだろう。

あたりの予感がする。

いくぶん晩御飯には時間が早いからか、店内は6割程の入りだった。

ちょうど良いタイミングだ。f:id:hidekinghenry:20200225231036j:image

なるほど。シンプルなメニューだな。ここは…

おい。

ハイ。

バラそば中を。

ハイよ。

 

バラ入ります。

強面の店員が麺を湯に投下する。

 

湯気が換気扇にドンドン吸い込まれていく。

さながら竜巻だ。

次郎は湯気となり、心は換気扇にドンドン吸い込まれていった。

 

チャーチャッ、チャーチャッ♪

 

チャーチャッ、チャーチャッ♪

 

はい。お待たせしました。

f:id:hidekinghenry:20200225231026j:image

ほほう、素晴らしいクリエイティブ。

まるでバラ(薔薇)の花だな。クククッ。

次郎は独りごちた。

f:id:hidekinghenry:20200225231022j:image

どれ。

次郎はバラ肉を頬張った。

バラだけに薄く、柔らかだ。

うん、うまいな。この薄いのがバラのいいところだ。
f:id:hidekinghenry:20200225231015j:image

スープは…

ズズッ。

俺の好きなスッキリ系だな。煮干し味か効いてるがくどくなく、少し酸っぱいな。醤油か。
f:id:hidekinghenry:20200225231029j:image

麺は、中太ストレート麺か。

ズルズルッ。

少し柔らかいな。まるで津軽そばだ。

まぁ致し方なし、か。

 

ズルズルッ

ズルズルッ

ハマハム

ハムハム

ズズズズー♪

 

なかなかいい。バラ肉が食べても食べてもなくならないから、常に麺と一緒に頬張れるな。贅沢だ。

 

ズルズルッ

ズルズルッ

ハマハム

ハムハマ

ズズズズー♪

 

ズルズルッ、ズルズルッ

ハマハム、ハムハマ、ハムハム

ズズズズ、ズズズズー♪

 

プハー。食ったなー。

満足だ。

 

おい、会計頼む。

あちらでお願いします。

 

次郎はレジに向かった。

850円です。

ほらよ。なかなかうまかったぜ。釣りはとっときな。それでバラ肉でも調達するといい。

次郎はそう言いながら、金皿にキッチリ850円を叩きつけた。

 

ラガ♪

もう、すっかり夜だな。

さてと、帰るとするか。なかなかいい店だったな。

 

バタン、ブロロロロー♪

次郎の車は夜の闇に滑らかに滑りだしていった。

 

続く

f:id:hidekinghenry:20200225231026j:image

中華そばひらこや 㐂(き)ぼし@青森市

煮干し出汁スッキリ系。くどくなく美味しい。バラ肉が花びらになったバラそばがおすすめ。

店内も清潔で、流行ってる感がある。強いて言うなら麺が少し柔らか過ぎる印象。

3.45次郎