函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

希須林 ラーメン 赤坂

 

f:id:hidekinghenry:20200225232304j:image

お、今日は1人しか並んでないな。

 

次郎は赤坂にいた。ゴッドハンドでマッサージを受けた帰り、ふらりと覗いた担々麺の店「希須林」。

いつもは長蛇の列。しかし今待ちは1人。行くしかない。

次郎はその後ろに並んだ。

 

担々麺は渋谷の亜寿加が次郎の中ではナンバーワンだったのだが、それが閉店してからというもの、あまりコレだという店がない。

 

確か広告代理店の敏腕営業マン、トンダ林がここはうまいと言っていたっけ。

 

そうこうしているうちに、気がつくと次郎の後ろに、すでに7人並んでいた。

ほんとに偶然だったんだな。ついてるぜ。

次郎は独りごちた。

 

お客様どうぞ。

ガラ♪

次郎は中に入った。

さてと、メニューは担々麺か排骨担々麺しかないんだな。期待できる。

 

では。ぽちっとな。1280円か。

まぁまぁするな。

ここは、大辛だよな。

 

次郎は食券を渡した。

はいよ。

 

空いていたカウンターに座った。

そういえば、隣の女が野菜増しとか言っていたが…まぁいい、一見なので黙っておくか。

次郎は水を一杯飲み干した。

 

白飯は無料オーダー制か。

ザーサイも無料だな。

 

おい、白飯を頼む。

はいよ。

 

 

お待たせしました大辛です。

来たか。

f:id:hidekinghenry:20200225232447j:image

辛そうなビジュアル。しかし素晴らしいクリエイティブだ。
f:id:hidekinghenry:20200225232304j:imagef:id:hidekinghenry:20200225232439j:image

どれ。
f:id:hidekinghenry:20200225232443j:image

ズズ。

次郎はスープを啜った。

ほほう。スープは赤色に似合わずクリーミー。う、しかしやはり後味は辛い。
f:id:hidekinghenry:20200225232451j:image

麺はストレートな細麺だな。悪くないだろう。

ズルズルッ。

うまい!

 

クリーミーなスープと麺が良く絡み合い素晴らしいハーモニー。

そして、モヤシのザクザク感がたまらない。

f:id:hidekinghenry:20200226211131j:image

そしてこの排骨。

衣がスープと溶け合い、しかして肉はしっかり歯ごたえがある。うまい。

 

ズルズルッ♪

ズズズズー♪

ズルズル♪

ズズズズー♪

 

ひやー、汗がすごいぜ。しかし辛ウマだ。

ズルズルッ♪

ズズズズー♪

ズルズル♪

ズズズズー♪

白飯をスープにつけて、スープカレーのように食うのもいいな。ザーサイがうまいこと口をサッパリさせるぜ。

ハムハム。

 

ズルズルッ♪

ズズズズー♪

ズルズル♪

ズズズズー♪

 

ふぅご馳走さんと。一気にいったな。

いやー、亜寿加の継ぐのはここだな。しかしこの混雑がたまにキズだ。時間を外して来るしかないな。

 

 

ふん、またくるとしよう。

ありがとうございましたー♪

ラガ♪

 

いやー、まるで風呂上がりの汗だな。

次郎はタオルだ汗を拭いた。しかし、北風はまだまだまだ冷たく、次郎の半径0メートル以外は真冬の景色だった。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20200225232447j:image

希須林@赤坂

担々麺の有名店。昼時は必ず行列ができるので時間をずらした方が無難。メニューは担々麺か排骨担々麺。もともと野菜が多いが、野菜とつゆはマシマシにできるらしいので食券を渡す時に言うべし。辛さは中辛がちょうど良さそう。

とてもクリーミーなスープだが辛味もあり、スープも麺も排骨もうまい。ご飯無料。ザーサイ無料。ザーサイがご飯にもラーメンにも合う。

3.7次郎