函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

北京亭 中華 神保町

f:id:hidekinghenry:20200225233835j:image

次郎さん、ここの町中華がうまいんすよ。

次郎は敏腕広告代理店マンのトンダ林と神保町の街を歩いていた。

次郎も神保町は長らく通っているはずだったが、ここの店は入ったことがなかった。

うぬぬ、やるなトンダ林、さすが一流代理店マン。色々知ってやがる。

次郎は、昔広告代理店マンだけには、店探し術で負けまいと心に誓っていた。

大分負けないようになっては来ていたものの、やはり完勝するのは難しい。あちらは仕事、こちらは趣味。歯がゆいぜ。

次郎は独りごちた。

 

ガラ♪

イラッシャイマセー。

店に入るとシェフたちは中国語で喋っていた。

うるさいな。まるで中国っぽいぜ。

店には、有名人の色紙がずらり。古いものもあり。昔から有名だと窺い知れた。

ち、さすがトンダ林。

 

さてと。まずはビールにしますか次郎さん。

お、おお。

オネーサン、生二つ。

ハイ。

 

かんぱーい。

次郎さん、どーですか青森は?

ううーん、まぁまぁかな。やはり東京ほど美味い店がないな。

そりゃそーですよねー。

じゃここの中華で東京の町中華を楽しみましょう!

 

じゃ、餃子、豆苗炒め、それと砂肝の唐揚げ。

それと、鶏肉とカシューナッツの炒め物!

 

ハイ。

ふぅ。オーダーまでセンスを感じさせる。

負けられん。

 

トンダ林の景気はどうだ?

まぁ、まぁまぁかなぁ。なかなか小売業界も厳しいんすよねー。接待も減りましたねー。

そういうトンダ林は嬉しそうだった。

の割には、顔がほころんでるな。

まぁ楽にはなりましたね。

 

ふん。そーいうものか。

 

ハイ、砂肝デス。

突如沈黙は破られた。

f:id:hidekinghenry:20200225233846j:image

ほほー。うまそうだ。この塩がいいな。

次郎はおもむろに唐揚げを頬張った。

カリ、サク、ぎゅ。

おお、こりゃあうまい。

ですよねー。これ好きなんすよー。

さすが看板メニューだ。これだけでビールがいける。

カリ、サク、ぎゅ。

うまいな。砂肝の肉汁がカリカリの衣と相まって、さらに塩がそれを引き立てる。当たりだ!

カリ、サク、ぎゅ。

 

ハイ、鶏肉とカシューナッツデス。f:id:hidekinghenry:20200225233838j:image

来たな!うまそうだ。

このとろみ。次郎はさっそく、カシューナッツと鶏肉を一緒に頬張った。

カリ、ギュギュ。

うーん、うまい。この鶏肉と甘辛のあんた、カシューナッツの食感がたまらん。たまに来るピーマンのザクッとした感じもまた。

ですよねー。

ふん、トンダ林め、イエスマン力もキチンとあるぜ。それで何人のクライアントがたぶらかさられたことか…まぁいい。

 

ハイ、豆苗です。

これ待ってたんですよー!

f:id:hidekinghenry:20200225233843j:image

うまそうだ。

ザクザクッ。

トンダ林は勢いよくかきこんだ。

うまそうに。

次郎も負けじと頬張った。

ザクザクッ、ザクザキュッ。

うまいぜ、この中華油がまたなんとも。

 

ハイ、餃子です。

ほほう。この餃子も柔らかそうだ。

皮も薄く、俺好み。

ですよねー。

ち、またもやイエスマン力を見せつける。

しかし、うまいので仕方ない。

 

じゃ、高菜チャーハンを頼む。

ハイ。

 

相変わらず、シェフたちは中国語でうるさく会話している。トンダ林との会話も自然と大声になる。

全く痩せちまうぜ。ふふ。

 

ハイ、チャーハンデス

来たな。どら。
f:id:hidekinghenry:20200225233851j:image

く、うまそうだな。やはり町中華はチャーハンだ。キムチを入れてもよかったかもな。

ムシャムシャ。

ムシャムシャ。

締めはやっぱりチャーハンすねー。いや待てよ、次郎さんこの店の後ラーメン屋考えたません?

 

ん?よくわかったな!

抑えめですもんねチャーハンまでの品数が。

さすがだ。さすがの先回り。まだまだ現役だなトンダ林よ。

ははっ、次郎さんもでしょ。

ムシャムシャ、ムシャムシャ、ムシャムシャ、ムシャムシャ…

 

2人の食べる音が響くが、すぐにシェフたちの大声でかき消される。

 

ゲフッ。

食ったな。会計といくか。

 

すね。会計お願いします。

ハイ。

7800円です。

ほらよ。ここは割り勘で。俺が大きい方でいいな。

は、はい次郎さん。

ほらよ。

次郎はトンダ林の手のひらにキッチリ3900円をねじ込こみ、先に店を出た。

 

トンダ林の怪訝な顔が一瞬見えたような気がしたが、構うことはなかった。

 

ラガ♪

ふぅ。うまかったな。神保町もまだまだ奥が深い。

ラガ♪

お待たせです。さて、何ラー行きます?

ふん、このバブル時代最後の生き残り感がたまらねぇな。

ですよねー。ははははは。

2人の笑い声は夜風に吹かれて、水道橋方面に消えて行った。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20200225233846j:imagef:id:hidekinghenry:20200225233843j:imagef:id:hidekinghenry:20200225233838j:imagef:id:hidekinghenry:20200227195150j:image

北京亭@神保町

老舗の町中華。なに食べてもうまい。とくに砂肝の唐揚げは絶品。

3.5次郎