函館次郎のひとり飯クエスト

函館次郎がうまい飯を求めて彷徨い、独りごちる至福の物語。

ポルトブラン フランス料理 弘前

f:id:hidekinghenry:20200204122059j:image

弘前といえばフランス料理。

ここ最近次郎が良く耳にし、目にする言葉だ。

フランス料理か。大概同じ味に思えてしまうんだよな。高いくせに。

しかし、一度くらい、そうだなランチでも行ってみるか。

次郎はネットや雑誌などで検索した。

やはり弘前には有名なフレンチが5軒ほどヒットした。

 

ふむふむ。よし、ポルトブランにしてみるか。

直観がそこだと言っている。

 

早速次郎は弘前市に車を転がした。

開店の11時30分に合わせて家を出た。

 

ここだな。

f:id:hidekinghenry:20200213004807j:image

11時30分だが、まだ準備中か。

まぁいい、入ってみるか。

グイ♪

次郎は準備中の立て札をお構いなく扉を開け、二階に上がった。

 

あ、あの、

あ、あ

お互い見合うこと5秒。

 

どうぞ。

勝ったな。

次郎はほくそ笑んだ。

奥のテーブルを。

f:id:hidekinghenry:20200204122056j:image

ほほう。なかなか、風情がある。
f:id:hidekinghenry:20200204122037j:image

まさにフレンチだ。

 

メニューでこざいます。

 

ふむふむ。いろいろ気にはなるが…

おい。

はい。

お任せで頼む。

はい、かしこまりました。

スープが選べるのですが、かぼちゃのクリームスープか、りんごの冷製スープどちらになさいますか?

 

無論りんごだ。

はい、かしこまりました。

 

水を継がれた。

次郎はそれを一気に飲み干した。

 

しばらくして、オードブルが運ばれてきた。

f:id:hidekinghenry:20200204122113j:image

ほう。さすがのビジュアル。

ご説明します。

奥から羊肉のロースト、津軽鶏のロースト、

手前がホタルイカのマリネ、ホタテのサーモン巻きでございます。

f:id:hidekinghenry:20200204122109j:image

美しい。

こちら、自家製のパンとバターでございます。
f:id:hidekinghenry:20200204122103j:image

ほう。
f:id:hidekinghenry:20200204122052j:image

どれ。もちもちとして暖かい。バターも久しぶりに食べたな。
f:id:hidekinghenry:20200204122049j:image

どれ、この鶏肉、ベリーの甘いソースが塩味と素晴らしいバランス。
f:id:hidekinghenry:20200204122119j:image

このヤリイカもうまい。そして、ホタテのサーモン巻きもお洒落な味わい。ホタテが甘い。

 

りんごの冷製スープでございます。
f:id:hidekinghenry:20200204122040j:image

これまた美しいクリエイティブ。
f:id:hidekinghenry:20200204122106j:image

ほほう。甘い。りんごジュースのようだ。しかし、少し塩気と油分が濃厚でスープ感も満載。うまい。

 

ソイのムニエルでございます。

骨がとってありますので、身をほぐしてソースにたっぷりつけてお召しあがりください。f:id:hidekinghenry:20200204122044j:image

ほほう。
f:id:hidekinghenry:20200204122116j:image

なるほど、骨がない。

次郎は身をほぐし、タップリソースにつけて頬張った。

こりゃうまい。このソース、トマトが効いている。付け合わせのマリネ野菜のビネガーとソースの濃厚さの組み合わせと、ほぐされた淡白な白身のコラボがたまらなく美味だ。 

 

 

本日のメイン、ガーリックポークのりんご煮でございます。

f:id:hidekinghenry:20200204135414j:image

ほほう。これまた見事なクリエイティブ。
f:id:hidekinghenry:20200204135417j:image

美しい。
f:id:hidekinghenry:20200204135420j:image

どれ。

次郎は豚肉をソースにタップリ絡めて頬張った。

フォークを入れると柔らかさが伝わってくる。初めは甘い、しかし、後から豚肉の塩気が混ざり、絶妙なバランス。煮てある分ソースが染み込んでいる。

付け合わせの野菜もこのソースで複雑な風味に変わる。

 

むしゃむしゃ。

パクパク。

むしゃむしゃ。

パクパク。

 

いやー、うまかった。

 

 

最後にコーヒーとデザートでございます。

f:id:hidekinghenry:20200213010445j:image

来たな真骨頂。パティシエも含めてシェフは一人でやってるのか…わからん。
f:id:hidekinghenry:20200213010448j:image

タルトタタン、チョコレートのムース、ベリーのシャーベットございます。
f:id:hidekinghenry:20200213010442j:image

美しい…
f:id:hidekinghenry:20200213010438j:image

どら。

ふほ。このタルトタタン…多少苦味があるがそれが大人の風味でいい。甘いクリームソースと合わせると見事に中庸。

チョコレートのムースも甘過ぎず程よい。ベリーのシャーベットは、口をリフレッシュしてくれる。

 

ズズ。

そして、コーヒーの量も多過ぎず丁度いい。砂糖は不要だな。わずかにコーヒー独特の甘さがあって。

ズズズズー。

 

ふぅ。合格だよ。

満足したぜ。しかし、やはり最後まで上品だったな。

 

 

おい、会計頼む。

あちらのレジでお願いします。

 

おうよ。

3740円です。

こんだけ食べて、この値段か。なんだか悪い気がするぜ…ま、いいか。

 

ならば、釣りはくれてやる。それで新しいバターでも買いな。

次郎はキッチリ3740円を金皿の上に叩きつけた。

 

 

ありがとうございましたー。

グイ♪

店を出ると、やはりまだまだ寒く冷たい風が吹き付ける。あれだけ食べたのに、既に腹が減ってきたような気がした。

 

やはり、気取った飯は次郎様には物足りないということか…

次郎は独りごちた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20200213011204j:image

ポルトブラン@弘前

弘前フレンチの名店。全て手の込んだ料理。アラカルトメニューも選べて、何よりリーズナブル。フレンチ好きにはもってこい。

3.5次郎