函館次郎のお一人さまグルメ

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

生姜は文化④ ラーメン 巣鴨

f:id:hidekinghenry:20200130104040j:image

寝屋川のやつ、遅いな。いや、遅いぞ!

次郎は巣鴨駅にいた。改札を出て、寝屋川との待ち合わせ場所である売店の前に佇んでいた。

 

11時27分待ち合わせと言ったのに。

もう11時40分だ。しかも何の連絡もない。

仕方ない、ラインしておくか。

 

おい、待ち合わせ場所はわかっているか?

改札の外の売店だぞ。

 

5分経過した。

しかし、一向に既読にならない。

おかしいな。連絡くらいはよこすやつなのに…

次郎は寝屋川との会話を見返した。

 

土曜日。

来週の月曜の11時27分すね!承知っす!すす!

 

だよな。確かに月曜11時27分だ。

 

ま、まさか!来週って、もう一週先のって意味と理解したのか!!

 

ありえる。既読にならないのもおかしい。

時刻は11時53分。もはや30分経過。これはひょっとするとひょっとするか。

 

次郎は、決断した。

巣鴨駅前の中山道を白山方面に南へ歩いた。

巣鴨駒込との間に美しい庭園六義園を抱え、北には名門巣鴨中学・高校、南には東洋大学、更には東京大学がある学園地区だ。

 

寝屋川との待ち合わせのことなど忘れ、次郎は今日の目的地「生姜は文化」を目指して、学園地区を弛みのない足取りで一心に歩いた。

 

ドッテテドッテテ、ドッテテド

でんしんばしらのぐんたいは

はやさせかいにたぐいなし。

 

ふぅ、もうまもなくだな。

 

ドッテテドッテテ、ドッテテド

でんしんばしらのぐんたいは

きりつせかいにならびなし。

 

次郎はまるで月夜のでんしんばしらの軍隊のように整然と歩いた。

 

着いたぞ、恭一(主人公)。

電気総長を甘く見るなよ。

 

 

ガラ♪

いらっしゃっいませ!

 

次郎は食券機を睨みつけ、いつもは塩チャーシューのところだが、今日は醤油チャーシューにすることにした。

更にはチャーシューご飯まで注文した。

しめて1350円か。まぁそんなもんだろう。

 

次郎はカウンターに座り、食券を置いた。

醤油チャーシューですねー。

 

水を飲み、目を瞑る。

チャッチャッチャッ♪

麺の湯切り音が聴こえてくる。

 

チャッチャッチャッ♪

すると再び月夜のでんしんばしらの行軍が聴こえてきた。

 

ドッテテドッテテ、ドッテテド
二本うで木の工兵隊
六本うで木の竜騎兵


ドッテテドッテテ、ドッテテド
いちれつ一万五千人
はりがねかたくむすびたり

 

はい、お待たせしました。

ゴトリ。

突如沈黙は破られた。

醤油チャーシューとチャーシューご飯ですねー。

f:id:hidekinghenry:20200130104055j:image

うお、電気総長が来たのかと思ったぜ。

次郎はまるで恭一の心境になっていた。
f:id:hidekinghenry:20200130104048j:image

そうか、ここは全て鶏肉のチャーシューなんだったな。ご飯までとは徹底してやがる。
f:id:hidekinghenry:20200130104043j:image

どら。

次郎は一口目に鶏チャーシューと白飯を口に入れた。

ほお、アッサリしているが、鶏肉についた醤油味は濃い目で肉が引き締まるな。だが、肉自体は柔らかい。こりゃあラーメンに入った鶏チャーシューも期待大だな。
f:id:hidekinghenry:20200130104051j:image

見事なスープの色だ。

ズズズ。

こちらもスッキリ醤油。鶏出汁も効いており、口の中で柔らか且つキリリとした風味が広がっていく。

f:id:hidekinghenry:20200130104033j:image

麺は平打ちの縮れ麺。短めだな。

ズルズルズル♪

俺は細麺の縮れ麺が好みだが、これはこれで合うよな。
f:id:hidekinghenry:20200130104037j:image

そして。やはりこの鶏チャーシューだ。でかい。柔らかい。嬉しい。

電気総長もきっと喜ぶだろう。

 

次郎は頬張った。

柔らかく、醤油味がキッチリついて、さらにスープと一緒に食べると絶妙なハーモニーを奏でるな。

 

ドッテテドッテテ、ドッテテド

 

さて、途中からはこの生姜満載の酢で味変だ。
f:id:hidekinghenry:20200130104030j:image

次郎は、タップリと生姜酢をかけた。

ドッテテドッテテ、ドッテテド

 

ズルズル、ズルズル♪

うまい。味が引き締まるな。生姜の後味がとてもさっぱりする。

ズルズル、ズズズー、ズルズル、ズズズー♪

 

ズルズル、ズルズル、

 

ドッテテドッテテ、

 

ドッテテドッテテ、ドッテテド

 

ドッテテドッテテ、ドッテテド
やりをかざれるとたん帽ぼう
すねははしらのごとくなり。

 

ズルズル、ズルズル、ズズズー♪


ドッテテドッテテ、ドッテテド
肩にかけたるエボレット
重きつとめをしめすなり。

 

ズズズー、ズズズー♪

ふぅ、うまかった、ご馳走さん。

電気総長とは、つまり電気の一種ではなく、電気の長、とりもなおさず大将ということさ。

次郎は独りごちた。

 

ラガ♪

ありがとうございましたー。

 

ピローン♪

あ、次郎さん、え、今日のことだったんすか!?自分はてっきり来週だと…すす、すいません、すす。

 

ふん、今更詮なきことだ。

ドッテテドッテテ、ドッテテド

 

ドッテテドッテテ、ドッテテド
でんしんばしらのぐんたいの
その名せかいにとどろけり。

 

店を出た次郎は、少し逡巡した後、本郷三丁目方面に行軍を開始した。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20200130120117j:image

生姜は文化@巣鴨

塩味で始まったが、この頃は、醤油味や味噌味、まぜそばも出てきている。

生姜の後味がさっぱりして、スッキリしたスープと鶏チャーシューが絶妙。

3.6次郎