函館次郎のひとり飯クエスト

函館次郎がうまい飯を求めて彷徨い、独りごちる至福の物語。

かわしま カレー 弘前

f:id:hidekinghenry:20200110011517j:image

新年も明けたか。今年は雪も少ないようだな。

俺には関係ないがな。

次郎は弘前市内を流していた。

 

さてと、新年の昼飯始めは…うーむ、店がまだあまりやってないか。

そういえば土手町にうまいカレー屋があるとシニアアソシエイツの柳沢が言っていたが…

これか?わかりずらいな。

 

カレー&珈琲かわしま。

店は路面の二階のようだ。小さな文字の看板が見つけにくいが。

次郎は階段を上がった。

カランコロン♪

いらっしゃっい。

カウンターが6席、4人がけのテーブルが5つ程。店内は意外と広かった。カウンターの中ではご夫婦が切り盛りしている。

次郎は店内を見回し、おもむろにテーブルに座った。

f:id:hidekinghenry:20200110011511j:image

なるほど、全てカレーだな。

ここは、やはりカツカレーだろう。

言わずもがな、だな。

次郎は独りごちた。

 

おい。

ハイ。

カツカレー1つ。

かしこまりました。

 

ふぅ。次郎は置かれた水を飲み干した。

おい、女将。

ハイ。

水お代わり。

ハイ。

 

そうしているうちに、カレーが着弾した。

お待たせしました。

f:id:hidekinghenry:20200110011517j:image
ほほーう。見事なクリエイティブ。f:id:hidekinghenry:20200110011514j:image

まずは一口。

次郎はカレーの匂いをかんだ。

うーん、あつあつでカレールーの匂いがそそるな。

おお、あっさり系かと思いきや、味は結構濃く、複雑な風味があるな。
f:id:hidekinghenry:20200110011504j:image

カツもでかい。

次郎はカツをカレーにタップリつけて頬張った。

ほほーう。

これまた、カツそのものが中々うまい。ロースカツだは。流石だ。

衣がカレーと混ざり合って絶妙な柔らかさになる。そこに豚肉のギッシリとした食感が合わさる。うまい。

 

むしゃむしゃ。

 

パクパク。

 

むしゃむしゃ。

 

パクパク。

 

ふぅ。ご馳走さん。

いやー、うまかった。

 

次郎は、グラスに入った残りの水を飲み干し、そっとスプーンを置いた。

 

会計頼む。

ハイ。

1050円です。

 

ほらよ。釣りはとっときな。

次郎はキッチリ1050円を女将の手のひらに押しつけた。

 

コロンカラン♪

ありがとうございましたー。

 

ふう。うまかったな。カツもうまいのが収穫だつたぜ。

 

ズルッ

うお!

危うく雪で転びかけた。

ふぅ。危なかったぜ。これでセンター試験も落ちないってか!はは!関係ねーか。

次郎は雪で凍った道を恐る恐る歩き、駐車場に消えていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20200117123104j:image

カレー&珈琲 川島@弘前

カレー屋。いろんなトッピングがあるが、基本はカレー。ご夫婦できりもり。意外と複雑な味でカツがうまい。

3.4次郎