函館次郎のお一人さまグルメ

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

中華そば勝本 ラーメン 水道橋

f:id:hidekinghenry:20191213165059j:image

お、空いてるな。チャンスだ次郎。

 

次郎は水道橋にいた。久しぶりに昔の仕事仲間の大手保険代理店営業マンのジョンに会っていた。

 

ジョン、うまいのか?

俺が誘って外したことは?

 

ふん、仕方ない。行くか。

 

ジョンは営業の傍らうまい店を多種多様に探してストックしておき、顧客に伝えることで信頼を得ることに成功している。

 

中華そば勝本。

きっとここもそんな店の一つだろう。

 

ガラ♪

いらっしゃいませ。

店内に入ると、全席埋まっており、店の中には3名が立って待っていた。

中に待ち人がいるとは…まぁ仕方ない。すぐに回転するだろう。

 

先に食券どうぞ。

店員に促され、次郎へ食券機を見る。

むう。

何がオススメだジョン?

お前の嗅覚を信じろ。

f:id:hidekinghenry:20191213220542j:image

ふん。

よし、やはり基本からだな。

 

ポチッと。中華そば730円。そして、チャーシュートッピングだな。300円と。

 

はい、あちらどうぞ。

ふと見ると、既にジョンは席についている。

くっ。味な真似を。

 

次郎は席について、置いてあった水をがぶ飲みした。

 

隣は美しい女性が1人。

ふん。ということはこの店はアッサリ系か…

次郎は独りごちた。

 

はい、お待たせしました。

中華そばです。

f:id:hidekinghenry:20191213220520j:image

チャーシューは別載せか。
f:id:hidekinghenry:20191213220514j:image

しかし美しいクリエイティブだ。
f:id:hidekinghenry:20191213220537j:image

スッキリスープか。

ズズ。

いや、思いのほか濃厚だな。だがうまい。
f:id:hidekinghenry:20191213220524j:image

肩ロースか。

柔らかく、うまいな。
f:id:hidekinghenry:20191213220533j:image

もう一つはバラか。分厚い。

柔らかめだな。炙ってあるのがいいな。

ボリュームもある。トッピング正解だな。
f:id:hidekinghenry:20191213220528j:image

麺は、細麺。なかなかいい硬さ。

ズルズルッ。

ズルズルッ。

うまい。スープのキリリとして濃厚な味がうまく麺に絡む。

こりゃ当たりだな。さすがジョン。悔しいが合格だ。

 

ズルズルッ、

ズズズズー、

ズルズルッ、

ズズズズー、

黙々と食べる次郎。

 

ズルズルッ、ズルズルッ、

ズズズズズ、ズズズズズズー♪

 

ふぅ、

ご馳走さん。

 

いやー、うまかったな。

ラガ♪

おう、次郎遅かったな。

また澄ました顔しやがって。

 

うまかったぜ。

だろ。

 

よし、行くか。

おう。

 

次郎とジョンは、神保町方面に歩いて行った。

店をでて大通りを歩く2人に北風が巻き込むように強く吹き付けた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20191213221918j:image

中華そば勝本@水道橋

煮干し出汁の中華そば。クッキリとしたスープは見た目以上に濃厚な味。クセになる。チャーシューは2種類あって、サッパリしたロースとバーナーで炙ったバラ。どちらもうまい。

3.65次郎