函館次郎のひとり飯クラブ

函館次郎がうまい飯を求めて彷徨い、独りごちる至福の物語。

中華そば竹むら ラーメン 目黒

f:id:hidekinghenry:20191127164914j:image

次郎は目黒のとんかつ三銃士の一つとんかつ大宝で昼飯を済ませた。

 

はずだった…

 

いやー、うまかったな。雨降りは最高だぜ。

ラガ♪

さてと、今日は非番だしな。青山にでも…

 

中華そば竹むら

大宝のすぐ隣にあるラーメン屋に目が行った。

 

スッキリ醤油ラーメン系か。うまそうだな…

い、いかんいかん、そんな学生さんじゃあるまいし、はしごなんてあり得ないだろう。はは。

次郎は急いで大宝の隣にある竹むらを通り過ぎた…

 

はずだった。

身体が言うことを聞かなかった。

 

ガラ♪

いらっしゃい。食券どうぞ。

あり得ない…

次郎は独りごちた。

 

 

そして、中華そば780円のボタンを押した。

ふぅ。

後悔しても始まらん。人生はいつも一度きりだろう。思い切って生きなければ。

 

はい、中華そばですねー。お待ち下さ〜い。

隣には1人の女性客。

女性客が1人で入れる清潔感とスープのスッキリさはありそうだな。

f:id:hidekinghenry:20191127164858j:image

ふーん。アゴ煮干しね。

 

はい、お待たせしました。

速いな。

f:id:hidekinghenry:20191127164854j:image

ほほう、美しいクリエイティブだ。
f:id:hidekinghenry:20191127164911j:image

この透き通ったスープが見事だ。どれ。

ズズズ♪

ほぉ、見た目通りスッキリクッキリとした鶏がらスープ。塩っぱさもちょうど良く後引く感じだ。それでいて醤油の甘さも同時に感じる。こりゃ当たりだ。
f:id:hidekinghenry:20191127164902j:image

メンマは太め。悪くない。

ザクッ、

うまいな。

 

チャーシューはロースト系か。最近流行りだな。

f:id:hidekinghenry:20191127164850j:image

さてと、麺は。

f:id:hidekinghenry:20191127164907j:image

麦風細麺か。柔らかいな。

ズルズルッ、ズルズルッ。

ほぉ、このスープには柔らかい麺が合っている。もう少しコシがあってもいいが、これはこれでイケるな。

 

ズルズルッ、ズルズルッ、

ズズズズー、ズズズズー、

やはり、スープがいい。

 

ズルズルッ、ズルズルッ、

ズズズズー、ズズズズー。

 

ズルズルッ、ズルズルッ、

ズズズズー、ズズズズー。

 

ズズズズー♪

 

ふぅ。あっと言う間の旅だったな。

ご馳走さん。結局アッサリ食えたな。流石俺だ。

 

 

ご馳走さん、また来るぜ。

ありがとうございました〜♪

 

ラガ♪

いやー、やっちまったな。こりゃ表参道まで歩くか。

 

次郎は腹を押さえながら白金方面へ消えて行った。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20191127164914j:image

中華そば竹むら@目黒

鶏がら醤油ラーメン。スッキリスープだが、まろやかで後引く味。うまい。

3.5次郎