函館次郎のお一人さまグルメ

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

大宝 とんかつ 目黒

f:id:hidekinghenry:20191126115414j:image

目黒三大とんかつか…ほう。

次郎はカーテンを開けた。外は雨。

しめた。これは空いているはずだ。

 

次郎は部屋を飛び出し、地下鉄に向かう。南北線で目黒まで着くと、目黒通りを下って歩いた。

 

途中、うまそうな店が何軒かあったが、断腸の思いで、それを断ち切った。

f:id:hidekinghenry:20191127113047j:image

開店10分前。

一番のりか。やはり雨はいいぜ。

次郎は独りごちた。

 

しばらくすると後方に5人くらいが並び、店員が暖簾を出し開店した。

どうぞ。

次郎はカウンターの一番奥の席についた。

ランチはロース、ヒレとも1100円か。

 

ロース1枚。

はいよ。

 

しばらくしてお新香とお茶が供された。

f:id:hidekinghenry:20191127114101j:image

 

なかなか。緑の濃いお茶だな。

隣に座る社会人ニ、三年目の小僧がせわしなく携帯を見ている。

 

落ち着け馬鹿者が。

 

結局、電話がかかって出て行った。

ふん、そんな状態でうまいとんかつ屋に来るべきではないな。

そう呟くと同時にとんかつが着弾した。

 

はい、お待たせです。

f:id:hidekinghenry:20191127114139j:image

ほう。見事なクリエイティブ。衣がサクサクそうだ。
f:id:hidekinghenry:20191127114135j:image

中はしっかり火が通ってる。f:id:hidekinghenry:20191127114142j:image

素晴らしい。壮観な眺めだ。
f:id:hidekinghenry:20191127114146j:image

どれ。まずは塩だな。岩塩か。

ザクッ♪じゅわ♪

ほおー、うまい。脂は少なめだが、 肉の味はしっかりあって、塩と相性もいい。

 

次はソースだ。カラシも塗って、と。

ザクッ。じゅわ♪

うーむこれもいける。そーな甘さとカラシの辛さが絶妙だ。

 

むしゃむしゃ。

おい、キャベツおかわり。

はいよ。

 

次郎は入れられたキャベツを一気に平らげた。

 

そして、やはり最後はこれで締めないとな。

おい、醤油たのむ。

 

はい、かしこまりました。

これよこれ。やはりとんかつは醤油だ。f:id:hidekinghenry:20191127114132j:image

サックサクの衣が醤油でしなり、肉と醤油が溶け合うこの感じ。たまらんな。

ジャクッ♪

じゅわ♪

醤油と肉か最高のコンビネーションだ。

 

うまい。

むしゃむしゃ。

うまい!

 

ゲフッ。

ご馳走さん。

ほらよ、釣りはいらねーよ。それで新しい暖簾でも買いな。

次郎はそう言うと店キッチリ1100円を金皿に叩きつけ、店を出た。

ラガ♪

 

ふぅ。

うまかったなぁ。やはり、雨は最高だな!

次郎は独りごちたが、その声は外の喧騒と雨音にかき消されていった。

 

続く

f:id:hidekinghenry:20191127132652j:image

大宝@目黒

目黒三大とんかつの一つ。うまい。リーズナブル。通いたくなる味。

3.5次郎