函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

旨辛ラーメン表裏 ラーメン 高田馬場

f:id:hidekinghenry:20191120161507j:image

やはり、ラーメン屋か。

次郎はとんかつひなたにて、上ロースかつを食している最中、ふと窓から外に目をやると、通りを挟んで反対側に見えたラーメン屋らしきものが気になっていた。

 

いやー、ひなたのロース、なかなかうまかったぜ。

店を出た次郎。

恐る恐る、気になったその店に近寄った。

 

おお、やっぱりラーメン屋だ。唐揚げラーメンか…なんだか破壊的なビジュアルだな。

f:id:hidekinghenry:20191120161617j:image
f:id:hidekinghenry:20191120161604j:image

とんかつ食ったばかりだしな…でも、飯はほぼ食べなかったか…うーむ、この歳で梯子はいかんよなやっぱり…

 

うお!

逡巡している次郎を押し退け学生が3名入店していった。

ちっ、もはや迷っている暇はないな。ままよ!

カランコロン♪

入店した。
f:id:hidekinghenry:20191120161632j:image

中には学生がたくさん席にいた。サラリーメンズも何人か。

なるほど、この一番人気の旨辛ラーメンあんかけDXだな。ポチッと。

980円だった。

 

こちらどうぞ。カウンター席に案内された。

f:id:hidekinghenry:20191120161635j:image

いろいろあるが…店員が側に控えている。

あ、なんだ?

おこのみは?

あ、ああ。麺少なめ、あとは普通で。辛さはピリ辛で。

はい。

 

店主は一人もくもくとラーメンをつくっている。

隣のおやじは、山盛りの唐揚げラーメンを食べている。こりゃハンパないな。

 

はい、お待たせしました。

来たか。
f:id:hidekinghenry:20191120161626j:image

ほお。
f:id:hidekinghenry:20191120161507j:image

逆から見たら唐揚げしか見えん…すごいビジュアルだ。
f:id:hidekinghenry:20191120161610j:image

スープを救うのもままならんな。

ズズ。

ふむ。こりゃ普通の辛さでよかったな。なかなかうまいな。旨辛だけあって、旨味と辛さが同居している。
f:id:hidekinghenry:20191120161613j:image

麺が取れないほどモヤシが入ってるな。シャキシャキでいい。
f:id:hidekinghenry:20191120161623j:image

麺は中太だな。短めか。二郎風だな。

しっかり麺に味がある。
f:id:hidekinghenry:20191120161607j:image

でかい、この唐揚げ。

ザクッ。

ほぉ。スープにつけて食うとザクザク感と湿ったトロリ感が合わさって不思議にうまい。

 

ズズズズ。

ザクッ。

ズズー。

 

よし、鷹の爪を追加しよう。

ズズズズ。

やはりこのくらい辛くていいな。

うまい。

 

ザクッ。

ズズズズー。

 

ふぅ、とんかつの後にこの唐揚げはやはりきついな。なかなかなくならん…

次郎は独りごちた。

 

ザクッ。

ズズズズ、ズズズズ、ズズズズー。

 

ザクザクッ。

ズズズズー、ズズズズー♪

 

ゲフッ。

駄目だ、もう食えん。

うまかっただけに無念だ。

唐揚げをスープに埋め込んで隠す次郎。

 

あばよ。すまんな店主。味はうまかったよ。また来るぜ。

 

ありがとうございました。

コロンカラン♪

 

ふぅ、やはりもう若くないか…

次郎はとんかつひなたと向かい合う表裏に一瞥をくれると、早稲田通りに向かって歩き始めた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20191120174511j:image

辛ラーメン表裏@高田馬場

唐揚げラーメン。旨辛のスープが効いて学生とサラリーマンには嬉しいラーメン。辛さは普通ぐらいでちょうどいい。味噌味も試したい。

3.4次郎