函館次郎のひとり飯グルメ

函館次郎がうまい飯を求めて彷徨い、独りごちる至福の物語。

極煮干し本舗 ラーメン 弘前

f:id:hidekinghenry:20191104111632j:image

結局入っちまったなぁ。

次郎は独りごちた。

 

八甲田でフィールドワークを終えた次郎は弘前市に入ったところで、毎回目にはするもののずっと入らなかったラーメン屋極煮干し本舗の前を通り過ぎた。

弘前に来て半年。避けては来たものの、終に入ることにした。

魔がさしたような感覚がした。後に次郎は語ったという。

いろいろあるが、そこまでドロドロの煮干し出汁ではないのもあるな。
f:id:hidekinghenry:20191104111735j:image
f:id:hidekinghenry:20191104111818j:image

うーむ、海老塩もそそるが、初回はお勧めの煮干し豚骨だな。それと餃子もいくか。

次郎は券売機に金を投入した。

しめて、1110円か。まぁいい。

 

食券を持って空いてる席につく次郎。

店員がやってきて、食券を奪う。

そういえば…シニアアソシエイツの柳沢にもらった一品サービス券があったな。これだこれだ。

おい、これで炙りチャーシューを追加だ。

はい。

 

次郎は店員が去ると、テーブルに置いてある水をがぶ飲みした。ピッチャーの水を飲み干そうかという頃、餃子が着弾した。

 

はい、餃子です。
f:id:hidekinghenry:20191104111822j:image

ほう。小さめでまぁなかなかうまそうだな。

続けざまにらーめんが着弾した。

 

ラーメンお待たせしました。

ふん、一息つく暇を与えてくれないぜ。
f:id:hidekinghenry:20191104111632j:image

ほう、まぁまぁのビジュアルだな。

む、やはり煮干しの匂いがキツめだ。

 

どれ。
f:id:hidekinghenry:20191104111812j:image

ズズッ。

ふむ、そこまで強烈な匂いはしないものの、豚骨と相まって濃厚だ。
f:id:hidekinghenry:20191104111807j:image

シナチクが太いな。
f:id:hidekinghenry:20191104111802j:image

麺は、やや細めのストレートか。柔さ加減はまぁまぁか。

ズルズルッ、ズルズルッ。

煮干しスープと絡み、濃厚な味になる。白米に手を出したくなるな。
f:id:hidekinghenry:20191104111815j:image

ほほう、チャーシューはなかなかのビジュアル。

次郎は大口を開けてチャーシューを頬張った。

うむ。柔らかい。なかなかの食べ応え。一つ追加はアリだったな。

 

ズルズルッ、ズルズルッ。

ズズ、ズズズズズー。

 

ズルズルッ、ズルズルッ。

ズズズズズー。

 

ふぅ。

あれ。もうなくなっちまったか。意外とあっさりなくなったな。

 

ごちそうさんっと。

次郎はそう呟くと店を出た。

まぁまぁだったな。予想通りか。

 

さて、行くか。

もうそろそろコートが必要だな。

次郎は背中を丸めて車に乗り込んだ。

 

秋はあっという間に立ち去り、厳しい冬がまさに今訪れようとしていた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20191104111632j:image

極煮干し本舗@弘前

いかにもな煮干しラーメン屋。推しは煮干し豚骨。濃厚な味わい。失敗はない。が目新しさに欠けるか。

3.2次郎。

 

 

 

 

f:id:hidekinghenry:20191104111632j:image