函館次郎のひとり飯グルメ

函館次郎がうまい飯を求めて彷徨い、独りごちる至福の物語。

餃子とラーメン三六 ラーメン 十三湖 青森

f:id:hidekinghenry:20191029210944j:image

すごい風車の数だな。

次郎は弘前から龍飛岬へ抜ける途中、蜆で有名な十三湖を通っていた。湖の周囲には大きな風車がいくつも設置されていたが、その姿はどこか異様で、人影もないことが影響してか、死滅した星の末路のようで、寂しい景色だった。

 

ふぅ。なんだかな。

次郎は独りごちた。

 

防風林に囲まれた道をしばらく進むと、民家の固まる集落にでた。

しばらく進むと、右手に店が見えた。

スピードを落として見ると、餃子とラーメン三六とあった。

うーむ、蜆ラーメンでもありそうだな。一生に一度しか来なそうだしな。

よし、ものは試しだ。

次郎は車を停め、店に入った。

f:id:hidekinghenry:20191029211025j:image

いらっしゃい。

中には先客が3名と、白髪の女将が一人で店を切り盛りしていた。

 

先程の風車の風景が後を引き、女将もなんだかロボットなのではないかと思わせた。

 

さてと。

次郎はメニューを見た。

f:id:hidekinghenry:20191029211039j:image

ふーむ、蜆入りの三六ラーメンは1100円か。ラーメンが500円なのに、倍以上か、ちょっと勇気がいるな。

 

先客を見るとみなカレーを食べていた。

いよいよ勇気が必要だ。

えい、ままよ。

おい、この三六ラーメンを頼む。

はい、かしこまりました。

女将ロボは無表情に答えた。

 

ふう。

次郎は麦茶を飲んで目を閉じた。

かすかに湖の匂いがしたような気がしたが、気のせいだろう。

 

はい、おまたせしました。

f:id:hidekinghenry:20191029210944j:image

ほう。なんだひじきとたくあんがついている。

 

アイスコーヒーもどうぞ。

さすが1100円、アイスコーヒーまで付くのか。

まぁつけずに900円にしてもらいたいものだが…


f:id:hidekinghenry:20191029211029j:image

やはり、透明なスープ。湖を思わせるな。
どれどれ。

f:id:hidekinghenry:20191029211042j:image

む、これは!

予想外に濃厚だ。蜆の出汁が素晴らしいのはわかるが、なんだこれは、バターか。ものすごく蜆と合うな。うまいぞ。

やはり、蜆が多い。そりゃそうだな。
f:id:hidekinghenry:20191029211059j:image

なかなか身がでかいな。
f:id:hidekinghenry:20191029211050j:image

うむ。アッサリとして、うまい。

麺は縮れ麺。もう少し解いて欲しいところだが、女将ロボの限界か。
f:id:hidekinghenry:20191029211034j:image

ズズズズ。

まぁ悪くないか。やはり、スープがうまいな。
f:id:hidekinghenry:20191029211054j:image

チャーシューはナカナカうまそうだ。ホロホロ系。二枚入ってるな。

ズズズズー。

ズルズル、ズルズルズルー。

 

ズズズズー。

うーん、スープがうまいな。

ズズズズー。

 

ふぅ。蜆も多いぜ。
f:id:hidekinghenry:20191029211047j:image

ズズズズー、ズズズズー♪

 

ふぅ、うまかったなー。スープを飲んじまうぜ。ホッとするが濃厚な絶妙のバランスだった。

 

さてと。

チュー♪

次郎はアイスコーヒーを一気飲みした。

 

ふぅ。

じゃお会計を。

はい、

1100円です。

 

ほらよ。釣りはいらねーよ。これで新しい蜆でも仕入れな。

次郎はきっちり1100円をカウンターに叩きつけた。

 

あばよ。

次郎は店を出た。

うーむ、予想外にうまかったが、遠いな。

 

次郎は車に乗り、さらに北へ北へと走り出した。

 

遠くで蜆が息をする音が聞こえたような気がした。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20191029210944j:image

餃子とラーメン三六@十三湖

十三湖日本海側の国道沿いにあるラーメン屋。三六ラーメンというのが蜆ラーメン。ちょっと高い。常連客はカレーを食べていた。スープにバターが効いていて、蜆なのに濃厚な満足感のある不思議なサラサラスープ。

3.3次郎