函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

のもと屋② とんかつ 大門

f:id:hidekinghenry:20191003195223j:image

もう10月だというのに東京は真夏のように暑かった。

次郎は増上寺から大門に向かって歩いていた。照りつける日射しで背中と額から汗がしたたった。

 

ちっ、なんでこんなに暑いんだ。

この温暖化野郎がっ!

次郎は太陽を睨みつけて独りごちた。

 

さてと、いい時間だ。

時は11時25分。

のもと屋の開店五分前。ちょうどいい頃だった。

次郎は大門にあるとんかつ二大巨頭の一つ、のもと屋に向かっていた。

 

当然開店まで並ぶものと思っていたが、狭い階段を登り、店に着いてみると既に開店し、先客が8名ほど。

あ、あぶなかったぜ。

いらっしゃいませ。

 

一人だ。

カウンターどうぞ。

最後のカウンター席に滑り込んだ。

 

ふぅ。次郎は置かれた烏龍茶をがぶ飲みした。続けざまに二杯お代わりを終えると、メニューを見た。

 

うーむ。特選ロースもいいが、ここはヒレとのミックスだな。

 

おい。

はい。

特選ロースのヒレミックスで。

はい、かしこまりました。

 

注文を終え、戸口をみると、見る見る間に人が並んで行く。

あぶなかったぜ。

次郎は額の汗を拭った。

 

はい、お待たせしました。

おお、来たか!

f:id:hidekinghenry:20191003195300j:image

毎度パンチのあるビジュアル。今日はヒレもついてさらにボリュームアップだ。

f:id:hidekinghenry:20191003195223j:image

ヒレ肉はその優等生的なイメージと裏腹に野獣的だな。

 

どれ。ご開陳と。

次郎は肉を横に向けた。
f:id:hidekinghenry:20191003195309j:image

ほほーう、見事なピンクダイアモンドヘッド。

流石だぜ。
f:id:hidekinghenry:20191003195320j:image

ヒレも見事!こりゃ期待できる。

次郎は急な血糖値の上昇を抑えるため、まずはキャベツを一気に食べた。

むしゃむしゃ。

 

ふぅ。さてと、ではいただくとするか。

まずは特製のわさびダレと醤油のコラボだ。
f:id:hidekinghenry:20191003195252j:image

ふほ。うまそ。

ガブリッ。

うおー!サックサク。しかし、醤油が少し衣を溶かしてその食感がたまらん。更に肉は柔らかくそれでいてヒレのぎっしり感。

そして、パリッとした醤油味と、ほのかに甘く、それでいてスパイシーなわさびが相まって至福の味を作り出す!!初めてヒレをたべたが、うまい!うまいぞ!!
f:id:hidekinghenry:20191003195305j:image

さてと。お決まりのロース。

くー、この脂がまたわさび醤油で引き締まり、それでいて口の中で脂が弾ける。これまた至高の味。たまらん!
f:id:hidekinghenry:20191003195256j:image

そして、お次のヒレはソースと辛子だ。

くー、柔らかなヒレ肉に、少し甘めのソースと和辛子が絶妙の味わいをプラスする。
f:id:hidekinghenry:20191003195314j:image

そして、ロースくんもソースと和辛子をたっぷりつけて頬張るこの贅沢。脂が深い味わいのソースに降り注ぎ、胃を満たしてくれる。

 

くー、たまらんぞ。

次郎はグビグビと烏龍茶を飲んで口をリセット。豚汁を飲んで、ポテサラを食べる。

 

そして、再びヒレかつをわさび醤油で頬張る。

この店はやはり醤油とわさびだ。

このキレのある味ととんかつがピタリとシンクロする。シンクロ率はもはや初号機とシンジくん以上だぜ!

次郎は独りごちた。

 

 

むしゃむしゃ

サクサク

ズズズー

 

むしゃむしゃ

サクサク

むしゃむしゃ

サクサク

ズズズー。

 

ふー、ごちそうさん

いやー、うまかったー。

友と女は裏切るが、食べ物は裏切らない。

名言だな。ふっ。

次郎はほくそ笑んだ。

 

 

おい、会計頼む。

はい。

2600円です。

昼から贅沢しちまったな。まぁいい。

ほらよ、釣りはとっときな。これでわさびでも買いな。

次郎は金皿にきっちり2600円を叩きつけた。

 

むお!

出口を見ると狭い階段に一階までビッシリとサラリーメンズが並んでいた。

まだ、12時10分だというのに…つくづく正解だったぜ。

ふん、オワリーメンども出直してきな!

次郎は独りごちた。

 

ありがとうございましたー。

 

しかし、暑いなぁ。

再びセミの鳴き声が聞こえてきた。一度夏は終わったと思ったんだがな。頑張って生きろよ。次郎はどこに向けて言うともなく呟いた。

 

照りつける日差しは夏のものであったが、吹き抜ける風には秋の匂いが籠っている気がした。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20191003195223j:image

のもと屋@大門

大門浜松町地区にあるとんかつ屋。あおきと双璧を成す。衣と肉の組み合わせが絶妙。わさび醤油で食べるのもまた美味。

3.7次郎