函館次郎のひとり飯グルメ

函館次郎がうまい飯を求めて彷徨い、独りごちる至福の物語。

豚組 とんかつ 六本木ヒルズ

f:id:hidekinghenry:20191002125251j:image

ん、人が並んでるな。まぁ特にあてもなし、ここにするか。

次郎は六本木ヒルズにいた。六本木駅に来て出口がわからなくなりなんとなく地下の食堂街を歩いていた。時は11時30分。昼の繁忙期少し前。それでも並ぶということは…ということで並ぶことにした。

 

待つこと5分。

お客様どうぞ。

カウンターへ。

次郎は空いたカウンターに座った。
f:id:hidekinghenry:20191002125304j:image

豚組か。これは、豚しゃぶのしゃぶ庵と同じところか。まぁいいか。では…

おい。

はい。

ロース。165gで。

はいよ。

ロース中いただきましたー。

お客様、お水になさいますか、それともお茶になさいますか?

両方ともに決まっておろう、このバカタレが。

…はい。

 

どいつもこいつも…

まぁいい。

次郎は出された水をがぶ飲みした。

客は結構入っている。

 

はい、お待たせしました。ロースです。
f:id:hidekinghenry:20191002125254j:image

ほう。
f:id:hidekinghenry:20191002125307j:image

とんかつはなかなかのビジュアル。

まずは、塩か。
f:id:hidekinghenry:20191002125257j:image

うまそうだ。

次郎はとんかつに塩をふりかけて頬張った。

サクッ♪

ジュワ。

ほほう、なかやかやるな。塩で豚肉が引き締まり、衣のサクサクとうまくコラボ。

ふむ、なかなかだ。

次はソースだな。辛子もたっぷり載せてと。
f:id:hidekinghenry:20191002125300j:image

次郎は頬張った。

サクッ♪

ほう、甘いソースだが辛子と相まってなかなかうまい。

 

むしゃむしゃ。

パクパク。

 

むしゃむしゃ。

パクパク。

 

むしゃむしゃ。

パクパク。

 

ゲフッ。

食ったなー。ジューシーさはそこまでないが上品なバランスだな。

 

おい、会計頼む。

はいよ。

出口に向かう次郎。

 

ふぅ。

1450円です。

ほらよ、釣りはとっときねい。

次郎はキッチリ1450円を金皿に叩きつけた。これで醤油でも買いな。

 

ありがとうございましたー。

ふぅ。

さてと、午後からは教授とのアポだったな。

次郎は地下街から地上への階段を登っていった。

 

空からは秋の日差しが差し込んでいた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20191002125254j:image

豚組@六本木ヒルズ

西麻布に本店があるとんかつ屋

凝った雰囲気。値段も若干リーズナブル。この手の店にしては少しパンチ不足。

3.3次郎