函館次郎のお一人さまグルメ

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

一幸食堂 定食屋 弘前

f:id:hidekinghenry:20190923111236j:image

ここか。いつも閉まっているのにな。今日は開いてやがる。今夜はここだ。

 

ガラ♪

いらっしゃい。

ラストオーダー7:30で閉店8:00だけどいい?

次郎は先制パンチを食らった。

 

お、ん?早いな…時刻は7:25か…いや、いい、頼む。

 

はいよ。空いてるところどうぞ。

 

次郎は黒石でのフィールドワークの帰り、弘前方面へ7号線を過ぎたところに左手に出てくる定食屋、一幸食堂に入った。ここは気にはなっていたものの、次郎が見る時間は休みが多く、なかなか入れないでいた。

 

 

ふう。

次郎は置かれた水を飲む間もなく、メニューに首ったけになった。

あと5分だからな…

しかし、全て暴力的な破壊力のあるメニューで目移りしちまう。

 

ちまきが、180円か。こりゃ頼まない手はないな。しかし、焼肉丼もハンバーグ定食も惹かれる。むー。

お、このトルコライス、とんかつ、カレー、カレーピラフ、ナポリタンの四つの味が味わえる優れもの…えい、今日はこれだ。

 

おい、女将。

はい。

ちまきと、トルコライス、そして、やはり焼き肉定食の焼き肉のみも頼むぜ。

 

はいよ。

女将は注文を取り、厨房へ消えた。

 

次郎はそこでやっと置かれた水に口をつけた。一気に飲み干し、自分で二杯目を注ぐ。それも飲み干し、三杯目を注ぐところで、ちまきがやってきた。

f:id:hidekinghenry:20190923111200j:image

ほう。うまそうだ。

次郎は箸でちまきをほぐし、頬張った。

うお、このちまき、牛肉ともち米のコラボが絶妙だ。味も濃い目。180円にしてはかなりのレベルだ。

 

はい、焼き肉ね。

f:id:hidekinghenry:20190923111203j:image 

きた、これは暴力的なビジュアル。ご飯が進むくんだ。

f:id:hidekinghenry:20190923111207j:image

たっぷり甘辛に味付けされた肉。ふほ、やはり味が濃い。がうまい。飯が待ち遠しいな。

 

はい、トルコライスね。

続けざまに料理が着弾する。

f:id:hidekinghenry:20190923111257j:image

ぐお、これも野獣的なクリエイティブ。

どれどれ。

次郎はカレーのかかった豚カツをピラフとともに頬張った。

ふほ!!これは味がミックスされて、一見よくわからないようだが、噛み締めてみれば、豚カツに、カレー、そして、カレーピラフがそれぞれに波状攻撃を仕掛けてくる。まるでバルセロナの攻撃的なサッカーだ。

うまい。合格の出来。これで1020円はいい。

 

そして、ナポリタンだ。

次郎はナポリタンをおもむろに頬張った。

ふお、これも懐かしの味。裏切らないうまさ。こりゃ当たりだ。

 

むしゃむしゃ。

ふほ!

むしゃむしゃ。

ぐっ。

むしゃむしゃ。

 

むしゃむしゃ。

 

ゲフっ、腹一杯だ。

ごちそうさん、と。

 

おい、女将、キッチリ8:00だ。会計頼む。

はい。

2200円です。

こんだけ食ってな。コスパ抜群、サラリーメンの味方だな。

 

ほらよ。釣りはいらねーよ。これで家族とトルコにでも行ってきな。

次郎はきっちり2200円を会計皿に叩きつけた。

 

ラガ♪

ふぅ。食ったな。眠いぜ。こりゃ痩せられん…まぁいい。一つの幸せはあったな。

次郎は独りごちた。

 

バタン♪

次郎は車に乗り込み、弘前方面へ上っていった。

煌く星空は、秋の匂いがしていた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190924115650j:image

一幸食堂@弘前

全て大盛り級の野獣派定食屋。味も濃い目でついつい食べてしまう。危険だ。しかし、うまい。

3.4次郎