函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

駅前食堂 ラーメン 浅虫温泉

f:id:hidekinghenry:20190917160202j:image

浅虫温泉か…

次郎は先週に引き続き浅虫温泉にフィールドワークに来ていた。

しかし、あまり目ぼしい発見はないな。

次郎は独りごちた。

 

さてと、そんな時は昼飯だな。

次郎は浅虫温泉の駅付近で車を走らせていた。

ん?

 

駅前食堂…確かに駅前だが。

いわゆる食堂だよな。

まぁいいか。他にあてもないしな、入ってみよう。
f:id:hidekinghenry:20190917160153j:image

次郎は近くに車を停め、入店した。扉は開いており暖簾が外との仕切りになっていた。

 

次郎は暖簾をくぐり辺りを見回した。先客は5名。意外といるな。

 

いらっしゃい。カウンターどうぞ。

お、おう。

次郎はカウンターに座り、壁に貼ってあるメニューを見た。

うーむ…ラーメンだなこりゃ。

おいおかあさん。

はい。

ラーメン一つ。

はいよ。

 

カッチコッチ、カッチコッチ。

静謐な時間が過ぎてゆく。

カッチコッチ、カッチコッチ。

 

ゴトリ。

おまちど。ラーメンね。

次郎の前にラーメンが置かれた。

f:id:hidekinghenry:20190917160150j:image

ほう。なかなか美しいクリエイティブ。f:id:hidekinghenry:20190917160157j:image

透き通ったスープ。

ズズッ。

ふむ。醤油のアッサリスープ。悪くない。

麺はどうだ?
f:id:hidekinghenry:20190917160205j:image

ズズッ、ズルズルッ♪

ズルズルズルッ♪  細麺で、柔らかく、食べやすい。このスープには柔らかい麺が合うな。
f:id:hidekinghenry:20190917160209j:image

ほう、このチャーシュー、でかいな。

む。

脂身もキレやすく、食べやすい。味もなかなか美味。こりゃうまいな。

ズルズルッ、ズルズルッ、

ズズズズー♪

ズルズルッ、ズルズルッ、

ズズズズー♪

ズルズルッ、ズズズズ

ズズズズ、ズズズズー♪

 

ふう。ごちそうさんっと。

あっという間だな。

 

おい、会計頼む。

500円です。

む、キッチリ500円玉しかねぇ。しかたねぇな。ほらよ。くれてやる。持ってけドロボー。

 

毎度。

次郎は再び暖簾をくぐった。

 

ふー。浅虫温泉にでも入っていくか。

次郎は車に向かって歩いて行った。

次郎を照らす午後の西日は、一週前とは打って変わって柔らかな光だ。秋を感じさせる一陣の風が次郎の体を吹き抜けた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190917160150j:image

ラーメン@駅前食堂 浅虫温泉

駅の目の前。昭和を感じさせるラーメン屋。しかし、なかなか美味。ノスタルジーに嵌るにはうってつけ。

3.3次郎