函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

もりや商店 海鮮丼 浅虫温泉

f:id:hidekinghenry:20190905113916j:image

爽やかな海風が次郎の車内を吹き抜けた。

海沿いの県道を走る次郎。浅虫温泉駅を越え、少し半島のようになっているところを奥に進んだ。

 

今日次郎は浅虫温泉地方で朝からフィールドワークをこなしたあと、弘前方面に帰る途中、海沿いにある海鮮丼の店に向かっていた。

 

そこでは、ホタテやウニが生で食えるとのこと。行かない手は無かった。

 

お、ここだな。この旗のところか。

f:id:hidekinghenry:20190905113948j:image

次郎はそばに車を停めた。

道を挟んで同じ店がある。手前に件の店、もりや商店はあった。

奥にいる店主らしきオヤジに声をかける。

 

やってるかい?

はいよ。

どこでも。

 

どこでもどーぞだろうが?あ?津軽地方の男は皆ぶっきらぼうだ。

ふん、まぁいい。郷に入っては…だ。

次郎は独りごちた。

 

次郎は海沿いの小上がりに座った。
f:id:hidekinghenry:20190905113919j:image

窓の外はすぐに陸奥湾だ。
f:id:hidekinghenry:20190905113923j:image

さてと。

メニューを見る次郎。

f:id:hidekinghenry:20190905114151j:imagef:id:hidekinghenry:20190905114131j:image

ほうほう。ウニは苦手なんだよな…ここはやはり…

 

おい。

はい。

 

このイクラとホタテの二色丼を頼む。それと、ホタテの貝焼き一つ。

 

はいよ。

オヤジは奥に引っ込んでいった。

 

次郎はしばらく海を眺めた。

音もなく静かだ。

この夏一番静かな陸奥湾…ってか!

お待たせしました。

 

次郎の独り言を遮るように料理が着弾した。

 

二色丼とホタテ焼きです。
f:id:hidekinghenry:20190905114126j:image

ふぉ、さすが遮るだけのことはあるな。
f:id:hidekinghenry:20190905114200j:image

素晴らしいビジュアルじゃないか。f:id:hidekinghenry:20190905114141j:image

ホタテもうまそうだ。

まずはホタテからだな。

f:id:hidekinghenry:20190905114156j:image

くお、でかい、分厚い!

次郎は徐ろにホタテを頬張った。

ジュワ♪

ふほ、ホタテ汁と醤油が口の中に溢れ出す!なんじゃこりゃぁあ!

うまいぜ。磯の香りが海を感じさせる。こりゃたまらん。

 

そして、真打の丼はどうだ?

次郎はわさびを醤油皿に置き、醤油とかき混ぜた。そして、それを丼にたっぷりとかける。

 

完了だ。

 

では。

次郎はイクラとホタテをダブルでうまく掴み、口に運んだ。
f:id:hidekinghenry:20190905114205j:image

ふほほ!柔らかい、新鮮でうまい!イクラが弾けとび、ホタテはなんとまろやかな。こりゃうまいぜ。

 

はむはむ。

どれ、もう一口。
f:id:hidekinghenry:20190905114146j:image

ふほほほ!

こりゃたまらん!海の爆弾が口内で炸裂している。この分厚い私の防護壁の中でホタテとイクラが踊っている。

 

むしゃむしゃ。

はむはむ。

 

パクパク。

むしゃむしゃ。

 

ふぅ、あっという間だな。

 

ズズズ。

次郎は締めに味噌汁を啜った。

ふぅ、やはり海鮮丼には味噌汁だな。

 

ゲフッ。

いやー、ごちそうさんっと。

 

おい、オヤジ会計だ。

はい。

 

2250円です。

ほらよ。釣りはくれてやる。それでウニを取る手袋でも買いな。

 

次郎はキッチリ2250円をオヤジの手にねじ込んだ。

 

ふぅ。

食ったなー。こりゃいいフィールドワークだったぜ。

バタンッ。

次郎は車に乗り込んだ。

 

ブロロロロー♪

次郎は陸奥湾の海岸を後にした。

 

キラキラと穏やかな海面が午後の陽光を浴びて輝やいていた。

 

続く。
f:id:hidekinghenry:20190905113916j:image

もりや商店@浅虫温泉

豪快な海鮮丼で有名。海に面して立つ小上がり。味は確か。浅虫温泉に行ったら寄りたい。

3.5次郎