函館次郎のひとり飯クラブ

函館次郎がうまい飯を求めて彷徨い、独りごちる至福の物語。

ミートソルジャー ステーキ屋 弘前

f:id:hidekinghenry:20190904215154j:image

ん??

なんだこりは!!

ミートソルジャー!!ソルジャー!?

 

次郎は弘前から黒石に向かって車を転がしていた。その途中、喫茶店のような店構えの店を見つけたが、車で通り抜ける最中、チラリと目に入ったソルジャーの文字。

 

飯屋でソルジャーだと!?

 

よし、引き返そう。

次郎は車をユーターンさせた。

 

ふ、俺をユーターンさせるなんざ、大した野郎だぜ。次郎は店の前の駐車場に車を停めた。

f:id:hidekinghenry:20190904215021j:image

次郎は店に近寄ってよく見た。

 

f:id:hidekinghenry:20190904222452j:image

やはり、ミートソルジャー!間違いないな。

この図柄、西洋のソルジャーだ。

次郎はソルジャーという言葉に思い入れがあった。

 

東京で暮らしていたころ、広告代理店の友人がこう言っていた。

 

「私はギリギリソルジャーにならずに済んでよかったですよ、あんな部署に行かされたら、まさに、どぶ板営業のサラリーメンソルジャーですよ。」

 

そうか、ソルジャー、イコール兵士。兵士はすぐ死んでしまう。真っ先にやられてしまう過酷な存在。それは現代ではどぶ板を這い回る営業メンのことを指すのだ。次郎はそう悟った。そして、それは尊敬とともに恐怖の対象になったのだ。

以来、ソルジャーという言葉を聞いたり見たりすると、心がなんとも疼くのだ。

 

そして、今日、ミートソルジャーに過剰に反応してしまった。

 

えい、ままよ。

次郎は店に入っていった。

カランコロン♪

 

いらっしゃい。そちらどうぞ。

11時20分だと言うのに先客は3組。まもなく満席だ。カウンター奥では店主が一人で切り盛りしている。ステーキの鉄板が五枚置かれて大忙し。店主は今まさにソルジャーになろうとしていた。

 

クククッ。やるな店主。

次郎はほくそ笑んだ。

 

次郎は先につき、メニューを見た。なんと昼はドリンクが飲み放題。もちろんファミレスのような機械はなく、デキャンタにカルピス、オレンジジュース、ウーロン茶、アイスティーが綺麗に並べられている。これも店主ソルジャーが入れ替えるのか。

 

大変だな。死ぬなよ。

次郎は独りごちた。

 

しかし清潔で。なかなかいい店だな。

 

さてと、

f:id:hidekinghenry:20190904220634j:image
f:id:hidekinghenry:20190904220637j:image

メニューにもソルジャーの紋章が。泣けるぜ。

うーむ、いろいろ気になるが…ここは。

 

おい、店主。

すいません、少々お待ちください。

 

店主は五枚の鉄板にステーキを盛り付け大忙し。盛り付け終わると、それをテーブルに運び、再び、サラダとライスを五枚ずつ準備。更にそれを同じテーブルに運んでいる。

次郎は店主ソルジャーに声を掛けること躊躇った。

 

はい、お待たせしました。

多少息が上がっている店主ソルジャー。

 

あ、いや。いいんだ。

自然と優しくなる次郎。

 

では、ランダムカットステーキとハンバーグのセットに、カレーライス単品で。あ、あと目玉焼きをハンバーグに。

 

はい、かしこまりました。

店主ソルジャーはそう言うと、そそくさとキッチンにもどり、ハンバーグのパテをこね始めた。

 

ペタペタ♪

 

ペタペタペタペタ♪

 

ペタペタペタペタ♪

 

おーい、お会計お願い。

こっちも会計。

 

は、はい。お待ちください。

他の客の会計が運悪く重なる。

 

パテを一度おき、パテソルジャーから会計ソルジャーになる店主。

そして、それを済ませ、手を洗い、再びパテに空気を入れるパテソルジャー店主。

 

ジュワー♪

良い音が聴こえてくる。

その間にカットステーキを焼く店主。

ジュワワー♪

ふむ、良い音だ。

次郎の胸は膨らんだ。

 

 

はい、お待たせしました。

 

おお、来たか。次郎は通常なら水をがぶ飲みするところだったが、ソルジャーのベトナム戦争のゲリラ戦のような激しさに、水を飲むのを忘れていた。

f:id:hidekinghenry:20190904215226j:image

おお、なかなかのビジュアル。

ボリューミー。さすがソルジャー飯だ。

f:id:hidekinghenry:20190904215028j:image

サラダもシャキシャキだ。ドレッシングも玉ねぎが効いてうまい。やるなソルジャー。

f:id:hidekinghenry:20190904215241j:image

カレーもうまそうだ。昔ながらのポークカレー。

次郎は一口頬張った。

 

うう、うまい。懐かしい味。泣けるぜソルジャー。

 

そして。

f:id:hidekinghenry:20190904215154j:image

なかなかのクリエイティブ。

目玉焼きトッピングは正解だな。

次郎はテーブルに用意されたステーキソースをかけた。
f:id:hidekinghenry:20190904215016j:image

うまそうだ。

どら。

次郎はステーキを頬張った。

ほお、ステーキソースが甘辛く、肉も柔らかいじゃないか!

こりゃいい。ナイスソルジャー!

むしゃむしゃ。

 

そして、ハンバーグは卵の黄身を破ってだな。
f:id:hidekinghenry:20190904215025j:image

ふほ、いい感じだ。

 

ほお!ぎゅっとしたパテから出る肉汁がたまらん。半熟卵の黄身と相性抜群だ。

 

むしゃむしゃ。

こりゃ、ソルジャーにとっては最高のご褒美だな。

 

むしゃむしゃ。

 

むしゃむしゃ。

 

ぐびぐび。

次郎はカルピスを何年かぶりに飲んで、その感動に浸るとともに、肉を胃袋へ流し込む。

 

ぐびぐび。

 

むしゃむしゃ。

 

むしゃむしゃ。

 

ふう。なかなかのボリューム。しかし、これからカレーだ。

むしゃむしゃ。うまいな。ポークが柔らかく美味。

 

むしゃむしゃ。

 

むしゃむしゃ

 

ぐびぐび。

 

ふー。

 

ぐびぐび。

 

むしゃむしゃ。

 

むしゃむしゃ。

 

ソルジャーのように一心不乱に食べ続ける次郎。

 

むしゃむしゃ。

 

ゲフッ。

ごちそうさんっと。

 

おい、店主。

はい。

会計頼む。

 

はい、1630円です。

安いな。さすがソルジャー飯だ。

 

ほらよ、釣りはいらねぇよ。これで新たなバイトソルジャーでも雇いな。

そう言うと、次郎は店主の手にキッチリ1630円をねじ込んだ。

 

ありがとうございましたー。

コロンカラン♪

 

ふー。なかなかいいソルジャーに出会ったぜ。

ここはたまに顔出すかな。店主ソルジャーに敬意を込めてな。

はは。

 

次郎はなんだか気分が良くなっていた。

車に乗り込むと、いそいそと黒石方面に車を発進させた。

 

9月も初旬。外気は爽やかな空気。いつのまにか秋が忍び寄っていた。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190904215309j:image

ミートソルジャー@弘前

名前が気に入った。ソルジャーとは、都会ではどぶ板営業をこなすサラリーメンのことを言う。特に生保や証券会社だ。そんな彼らに捧ぐステーキ、まずい筈がない。と次郎は独りごちた。甘辛のステーキソースがうまい。肉も固くないし、ハンバーグもカレーもみんないける。街のステーキ定食屋。コスパ良し!行け、ソルジャー!!

 

3.35次郎