函館次郎のお一人さまグルメ

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

スパイスポスト④ カレー 代々木公園

f:id:hidekinghenry:20190821202911j:image

ため息の出るビジュアルだ…

次郎は独りごちた。

 

時刻は11時45分。昼どきのほんの少し前。次郎は代々木公園駅の1番出口から出たすぐのところにあるスパイスポストというカレー屋の前にいた。

 

来てしまった。何ヶ月かすると無性に食べたくなるカレー。待ち人が3名1組。すぐに案内されるだろう。

次郎は外の椅子に座り待つことにした。待つこと5分、どやどやと先客が出てきた。

 

お客様、どうぞ。

おう。

次郎は入口手前のカウンターに座った。特別カレーは売り切れていたが、ポーク、キーマ、チキンも3種類とも残っている。

 

じゃ、3種類ので。ご飯のサイズはMで。

はい、かしこまりました。

 

前金で1350円になります。

そうだった。ここは前金だったな。

次郎は釣りはいらねぇとも言えず、キッチリ1350円を店員の掌に乱暴にねじ込んだ。

 

はい。ありがとうございます。

カウンターさん、オール、お代済でーす。

3種類はオールというらしいな。まぁいい。

次郎は前に置かれた水差しから置かれたグラスに水を入れ、立て続けに2杯飲んだ。3杯目を入れた頃、カレーが着弾した。

 

はい、お待たせしましたー。3種のカレーです。チキンのルーはお代わりできますので言ってください。

そうだった。それはなかなか太っ腹。毎回思ってしまう。

f:id:hidekinghenry:20190821203005j:image

く、やはり、見事なクリエイティブ。溜息の出るビジュアルだ。今日のポークはイエローカレー。ココナッツの甘い香りが漂う。

 

どれ。
f:id:hidekinghenry:20190821202949j:image

ほう!ほんのり甘い。しかしスパイスの味は後からついてくる。なんとも言えない味。うまいな。

f:id:hidekinghenry:20190821203001j:image

生卵を潰し、ひき肉を掬う。

ぐ、うまい!キーマはやはり、うまい!

肉のスパイシーな辛さがカレーと恐ろしくマッチする。そして、薄く切られたラッキョが素晴らしい清涼剤。

 

そして、王道のチキンだ。
f:id:hidekinghenry:20190821202954j:image

くお、この強烈にとんがった味のチキンカレールー。ルールルルル。うまい!

このとんがった味がたまらない。これがお代わり自由とは…贅沢だ。

 

いやー、うまい。

むしゃむしゃ。

むしゃむしゃ。

いやー、うまいなぁ。

むしゃむしゃ。

むしゃむしゃ。

 

ふぅ。ご馳走さんっと。

 

では、また来るぜ。

毎度ありがとうございまーす。

 

ふぅ。スパイスが効いてきたな。

次郎はうっすらと汗をかいていた。

 

次は神保町だな。

次郎はそう呟くと、千代田線の地下に消えていった。

 

まだまだうだるような暑さの続く東京。

ガタンゴトンと、電車の通り過ぎる音が、代々木の裏通りに響いていた。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190821214253j:image

スパイスポスト@代々木公園駅

とにかくビジュアルが見事。そして、うまい。

キーマが1番うまいか。溜息が出るクリエイティブをどうぞ。

3.7次郎