函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

和寿(かず) 寿司屋 赤坂

f:id:hidekinghenry:20190819214454j:image

次郎は赤坂にいた。

今朝は久しぶりにゴッドハンドの施術を受け、体の軽くなった午後一時。

 

ギュルルルー♪

むぅ、腹も減ってきたな。

次郎は独りごちた。

 

と言ってもなぁ。會水庵は混んでるし…

ん?肉吸い…

f:id:hidekinghenry:20190819214718j:image

大阪だよな肉吸いは。千円か…行ってみるか。

次郎はビルに入って二階に上がった。

和寿とあった。

かず…か。

和食屋か。

 

グイ♪

いらっしゃいませ。

一人だ。

カウンターどうぞ。

静かな店内。店主は何やら忙しく仕込み中。奥さんのような雰囲気の女将が注文を聞きにくる。

f:id:hidekinghenry:20190819215024j:image

やはり肉吸い定食かな。

肉吸い定食を頼む。

はいよ。

 

次郎はカウンターに置いてある麦茶をがぶ飲みしながら、肉吸い定食の食べ方を読んだ。
f:id:hidekinghenry:20190819215006j:image

なるほどね。ぶっかけるのか。要は。

 

はい、サラダです。
f:id:hidekinghenry:20190819214950j:image

おお、きたな。

和風ドレッシング。まぁ普通だが、悪くない。

 

はい、お待たせしました。肉吸いです。

食べ方ご覧なってください。

ふん、もう読んだがな。
f:id:hidekinghenry:20190819215041j:imagef:id:hidekinghenry:20190819214454j:image

なかなかのビジュアル。

f:id:hidekinghenry:20190820134150j:image

どれどれ。ズズズッ。

ほう。意外とアッサリクッキリなスープだな。うまいが、まさにスープだな。

 

とりあえず、掛けてみるか。

次郎は卵を白飯にそのまま落とし、スプーンで肉吸いを掛けた。
f:id:hidekinghenry:20190819215010j:image

お、いい感じだな。
f:id:hidekinghenry:20190819215031j:image

たくさん掛けてと。
f:id:hidekinghenry:20190819215000j:image

どれ。

ズルズルッ、ズズズズズ。

おお、たしかに雑炊みたいでいいかもしらん。

生卵がいいな。

 

ズズズズッ。

さらにの載せて、と。

f:id:hidekinghenry:20190819215019j:image

いい感じだ。

ズズズズ、ズズズズー。

なかなかいいぞ。

 

ズズズズー。

 

ズズズズー。

 

ふぅ。うまかったな。

よし、会計頼む。

はい。ちょうど1000円です。

 

ほらよ…

 

ピッタリか…ちっ。

グイ♪

 

ありがとうございましたー。

うお、すごい湿度だな。

 

さてと、どこにいこうか。

 

次郎は、蒸し暑い外気を潜り抜け、地下鉄赤坂駅の階段を下っていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190821001509j:image

和寿@赤坂

夜は寿司屋。昼に肉吸いを出す。スッキリとした味。バリエーションの一つとして。

3.3次郎