函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

武蔵屋 ラーメン 武蔵境

f:id:hidekinghenry:20190813123525j:image

あぢ〜な〜。

次郎は8月の暑い日、武蔵境駅にいた。以前から教授に尋ねるように言われていた人物に会うためだった。

 

武蔵境駅吉祥寺駅から二駅。次郎は高校生の頃一時期この辺に住んだことがあり、土地勘があった。

新宿から快速で20分もかからない都会のベッドタウンの一つだ。吉祥寺にも近いため割とアッパー層が住んでいる。

そばには亜細亜大学都立武蔵高校などがあり学生も多い。

 

つまり、ラーメン屋も多いということだ。

 

 

この辺は変わったような変わってないような…しかし、やはり懐かしい風景だ。

 

あったあった。

f:id:hidekinghenry:20190813124213j:image

駅を降りると目立つところに家系ラーメン武蔵屋があった。

 

時は昼。他に当てもないしな、入るか。

ガラ♪

おお、さすが昼時、混んでるな。

次郎食券機に並んでいると、突如厨房の女将から、声をかけられた。

 

お兄さん、決まってる?

 

あ。お、おう。んー、ラーメン並。ほうれん草盛り…あ、いや全部盛りで。

 

はいよ。お金はカウンターでいいよ。

お、おう。

 

次郎は機先を制される形で注文を頼み、カウンターに座った。

 

ふぅ。

次郎は早速左後方にあるウォーターマシンから水を奪い取った。続けざまに二杯飲むと、三杯目をたっぷり注いで再び着席した。

 

隣の学生を見ると、イヤホンを耳に突っ込んでラーメンと無料のライスをかきこんでいた。

 

学生さん…羨ましいぜその旺盛な食欲。学生さん…

 

次郎は物思いに耽る、まさにその時、ラーメンが着弾した。

 

お待ち。

f:id:hidekinghenry:20190813124908j:image

うお、来たな。こりゃボリュームあるな。

f:id:hidekinghenry:20190813124938j:image

ズズ。

うむ、正統派な家系スープだ。

しかし、海苔とほうれん草が多いな。麺が掴めん。

f:id:hidekinghenry:20190813125031j:image

短めの中太麺だな。家系ならでは。しかし、ほうれん草が多いな。ははっ。

 

ズルズルッ。

固めで、スープとの相性もいい。グッドだ。

f:id:hidekinghenry:20190813125141j:image

チャーシューも分厚くボリューミー。味もシツコクなくてちょうどいい。

 

ズルズルッ

ズルズルッ

 

ズズズ。

 

ズルズルッ、ズルズルッ、ズズズ。

 

ズルズルッ、ズルズルッ、

 

よし、家系は味変が肝心だ。

次郎はカウンターにあった豆板醬を投入した。

f:id:hidekinghenry:20190813125336j:image

次郎はそれをチャーシューをビート板代りにして、スープに溶かしこんだ。

スープが赤く染まった。

 

ズルズルッ。

ほほ、辛いな。そう来なくちゃな。

 

ズルズルッ、ズルズルッ、

ズズズー。

 

ズルズルッ、ズルズルッ、ズルズルズルー。

ズズズ、ズズズズズズー。

 

ゲフッ、ご馳走さんっと。

満足だ。

 

ふと隣の学生さんを見ると、まだラーメンは半ば。しかし、彼は席を立つと、再び無料のライスを盛った。

 

が、学生さん…俺も昔は無料ライスを三杯はかきこんだもんだ。

 

学生さん…

次郎は独りごちた。

 

よし、会計だ。

1000円ね。

ほらよ。

次郎は1000円をカウンターに叩きつけた。

 

ピタリ賞か…

幾分残念そうに次郎は店をでた。

ラガ♪

 

あぢ〜。

照りつける太陽が強烈だな。それでこそ夏だな。

 

次郎は武蔵境駅を後にした。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190813132235j:image

武蔵屋@武蔵境

正統派家系ラーメン。コスパよく、ボリューム有り、なかなかいける。

3.3次郎。