函館次郎のひとり飯グルメ

函館次郎がうまい飯を求めて彷徨い、独りごちる至福の物語。

とんかつ萬福 とんかつ 弘前

f:id:hidekinghenry:20190808184833j:image

ここか。とんかつ屋は。

f:id:hidekinghenry:20190808184914j:image

次郎は、弘前から黒石にいつものフィールドワーク向かう途中、ランチを探していた。

なかなかとんかつ屋がない中で、一軒のとんかつ屋を見つけた。

 

萬福。いかにも満腹になりそうな名前だ。

暖簾が風に揺れていた。

 

ガラ♪

いらっしゃい。

 

一人だ。

カウンターどうぞ。

先客は3組。11時過ぎだというのに結構はいっていた。車は2台しか停めれないため、次郎はそばの大きな店に停めて歩いてきた。

 

カウンターに座ると、おススメの小さな黒板が置いてあった。
f:id:hidekinghenry:20190808184941j:image

なかなか豪勢だな。メニューはと。
f:id:hidekinghenry:20190808184918j:image

豚にこだわってるようだ。いいぞ。
f:id:hidekinghenry:20190808184932j:image
f:id:hidekinghenry:20190808184910j:image
f:id:hidekinghenry:20190808184928j:image

なるほどなぁ。

本当はロースにいくところだが。ここは、おい。

はい。

日替り頼む。それにヒレカツもトッピングで。

はい、かしこまりました。

ロースもきになるがな…まぁいい。

 

次郎は置かれていた水をがぶ飲みした。

ふー。女将。

はい。

もう一杯。

あ、カウンターに置いてある水差しでお願いします。

お、おう。

次郎は素直に従い、続けざまに更に二杯飲み干した。三杯目を注いだとき、日替り定食が着弾した。

 

お待たせしました。
f:id:hidekinghenry:20190808184907j:image
f:id:hidekinghenry:20190808184833j:image

ほうほう。美しいクリエイティブ。
f:id:hidekinghenry:20190808184923j:image

ナスうまそうだな。サクサクそうだ。

うん。うまい。ナスがジューシーだ。

ズズズ。

味噌汁もなんとも言えない味。丁寧な作り。これは隠し味に山椒だな。できる。
f:id:hidekinghenry:20190808184945j:image

さてと、次はコロッケだな。甘味の残る味。このソース甘くてうまいな。

 

そして、ヒレカツ

おい、醤油頼む。

はい。

やはりカツは醤油だ。

次郎はカツに醤油をかけた。

f:id:hidekinghenry:20190808184937j:image

うまそうだ。

ザクッ。

衣はザクザク、肉は柔らかい。なかなかだ。しかし、やはり男はロースだな。

 

ザクッ、ザクッ。

f:id:hidekinghenry:20190809130626j:image

むしゃむしゃ。

 

ザクッ、ザクザク。

f:id:hidekinghenry:20190809130527j:image

うまいな。

 

ゲフッ。

f:id:hidekinghenry:20190809223421j:image

いやー、食った食った。

 

会計頼む。

1360円です。

 

ほらよ。釣りはいらねぇぜ。

これで新しい油でも買いな。

次郎はきっちり1360円を金皿に叩きつけた。

 

ラガ♪

ふぅ。うまかったな。しかしロースが食いたいな…

 

 

 

翌日。

 

 

次郎は再び萬福の暖簾をくぐっていた。

f:id:hidekinghenry:20190809130836j:image

はい、いらっしゃい。

今日はオヤジ一人か。結局気になって来ちまったぜ。

ロースかつ…やまざきポーク…特製もあるのか…

f:id:hidekinghenry:20190809220726j:image

特製は脂も乗っててうまいよ。

 

急にオヤジが突っ込んでくる。

 

ならば。

じゃ特製ロースを。

 

はいよ。

ジュワー♪

ロース肉が油の海にダイブする音が聴こえてくる。

 

彼らにとってここの油は地中海か、カリブ海か…

次郎は独りごちた。

 

はいよ、特製ロースね。フランス産の洋がらしも使ってみて、うまいよ。

f:id:hidekinghenry:20190809215936j:image

また、うまいの押し売りか。

f:id:hidekinghenry:20190809215943j:image

しかし、うまそうなのは確かだ。

 

おい、醤油頼む。

はいよ。

 

次郎は結局醤油をかけて一口目を頬張った。

ザクッと衣の音が口の中から聞こえてくる。

ザクッ、ザクッ。

f:id:hidekinghenry:20190809220107j:image

おお!うまい。確かに肉に脂がのっている。これは正解だ!連続できても色褪せない。

ザクッ、ザクッ。

うまい。うまいぞ。

 

次郎は次にソースとフランス産の洋がらしをつけて頬張った。

ザクッ、ザクザクッ。

f:id:hidekinghenry:20190809220241j:image

ほほう!

この洋がらし甘みがある。そしてほのかに酸っぱい。甘めのソースとよく合うじゃないか!

むしゃむしゃ。

 

次郎は醤油とソースを交互にかけて頬張った。

ザクザクッ

むしゃむしゃ

ザクザクッ

むしゃむしゃ。

 

ザクザクッ

むしゃむしゃ。

 

ズズズズー。

相変わらずうまい味噌汁だ。

 

 

ゲフッ。

f:id:hidekinghenry:20190809223421j:image

うまかったな。

 

おい、オヤジ会計頼む。

はいよ。

1600円ね。

 

ほらよ。釣りはとっときな。

それで、この洋がらし買い足しときな。

 

次郎はきっちり1600円をオヤジの手にねじ込んだ。

 

ラガ♪

またな。

 

毎度ありー。

 

ふぅ。満足感あるな、ここの特製ロースかつ。

 

バタン♪

次郎は車に乗って、弘前方面に舳先を向けた。

バンパーがキラリと光り、次郎の車は車道に滑り出した。

 

背後にトンボが飛んでいた。

確実に季節は動いていた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190809215936j:image

とんかつ萬福@弘前

町のとんかつ屋。特製ロースかつがうまい。丁寧な仕事ぶりで店内も清潔。弘前では今のところ一番。

3.4次郎