函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

シェ・ノブ 洋食屋 大門

 

f:id:hidekinghenry:20190801131316j:image

この辺にあるはずだよな…

しかし暑いな。

こう暑くちゃラーメン食えねーやな…

まぁ食うんだろうな暑くても。結局は。

ククッ。

次郎は独りごちた。

 

それはいいとして…

お、これか。

f:id:hidekinghenry:20190801131350j:image

次郎は大門を歩いていた。

朝から洒落たカフエでブレックファーストを食べていたが、洒落たものは腹にたまらない法則は御多分に洩れず、しっかり昼飯を食らう、そういう心待ちになった。

 

まぁ予想通りだな。所詮は洒落ものよ。単なるお遊びに過ぎん。昼はしっかりいかないとな。たしかこの辺に人気の洋食屋があると聞いたがな…

そうして、真夏の日差しが照りつける中、大門の街を歩いていると、件の店はあった。

 

シェ・ノブ。

シェフの名前はノブオか?まぁいいかどーでもな。

カランコロン♪

まだ開店したばかり、しかし店内は3割埋まっている。次郎は空いてるカウンターに促された。

よっこらしょっと。

高椅子に座る。

f:id:hidekinghenry:20190801131353j:image

カウンターにはびっしりとミニサラダが置かれている。定食の付け合わせだろう。

 

お客様、日替りは豚の生姜焼きです。本日はプラス200円で夏野菜カレーソースも付きますが…

 

え?あ、ああ。

不意をつかれた。

しかし、メニューもどこにあるかわからないしな…

よし、乗ったよ女将。夏野菜カレーもつけてくれ。

 

はい、かしこまりました。

店内ではシェフの男が忙しく料理をつくっていた。ガス台で直火で肉を焼いている。きっとそれが豚肉だろう。

 

次郎は置かれた水を飲み干した。

もう一杯頼む。

はい、どうぞ。

ぐびぐびっ。ふたたび一気に煽る。

女将はすかさずもう一杯注いでくれる。

ふぅ。暑いからな。

 

待っている間どんどん人が入ってくる。

開店と同時に来て正解だな。

 

隣の客は、座るや否や日替りと叫び。夏野菜カレーのトッピングは即座に否定した。

 

ふん、貧乏人が。そこは懐の広さを見せるべきよ。まぁ、いいか。

 

 

お待たせしました。日替りと夏野菜カレーです。

女将の声も心なしか弾んでいる。f:id:hidekinghenry:20190801131316j:image

ほう。なかなかのクリエイティブ。f:id:hidekinghenry:20190801131403j:image

デカイな。

f:id:hidekinghenry:20190801131344j:image

これが夏野菜カレーだな。うまそうじゃないか。

 

さてと。

次郎はおもむろに生姜焼きを頬張る。
f:id:hidekinghenry:20190801131359j:image

むお、直火焼特有の焦げた荒々しい匂い。

そして、適度な歯ごたえ。更には甘過ぎず。そしてから過ぎない丁度良い醤油加減。バーベキューを思わせるワイルドさ。こりゃうまい。

 

むしゃむしゃ。

 

そして、このカレー。

夏野菜の中身はカブと大根か?

このカブ少し酢につけた酸っぱさが、カレーと合わさり絶妙なコラボ。カレーはアッサリしているが味はしっかり付いている。これもいいじゃないか。

200円出した甲斐があったぜ。

 

むしゃむしゃ。

 

むしゃむしゃ。

 

ズズズズ。

この味噌汁、優しく、味は濃く。その見事なバランス。こりゃ混むな。

 

むしゃむしゃ。

ズズズ、ズズズズー。

 

ふぃー。ごちそうさん

 

ありがとうございました。

1100円です。

 

ほらよ。つりはいらねーよ。

新しいカブでも書いな。

 

次郎はキッチリ1100円を女将の手のひらにねじ込んだ。

 

コロンカラン♪

うお、狭い階段に既に列ができている。まだ12時5分前。

間一髪だな。

次郎は独りごちた。

 

道に出ると、再び強い日差しと熱気が次郎を襲う。

くお、こりゃキツイな。

次郎は足早に近くのコンビニに駆け込んだ。思わず手に取ったカラダ健やか茶。

効かんのになぁ。罪悪感からの免罪符だな。

次郎は中世ヨーロッパのカソリックに想いを馳せた。

 

続く。

 

f:id:hidekinghenry:20190802020806j:image

シェ・ノブ@大門

町の洋食屋。しかしうまいので混む。11時半の開店時刻にいくのがいい。リピートしたくなる味。

3.6次郎