函館次郎のひとり飯クエスト

函館次郎がうまい飯を求めて彷徨い、独りごちる至福の物語。

クレソン 洋食屋 弘前

f:id:hidekinghenry:20190711003844j:image

しかし、弘前は寿司屋とラーメン屋、それとチェーン店ばかりだな。たまには洋食が食いてぇな。

次郎は夕刻、弘前市内で車を転がしていた。18時。まだ外は明るかった。

 

夏至は過ぎたがまだまだ明るいぜ。

 

青森は空が広い。平野が広がり、山々の稜線も見渡せる。夏とらいうものの高い雲が太陽光線に照らされ、赤、オレンジ、黄色、緑、青、紫と美しいグラデーションを作る。

f:id:hidekinghenry:20190710084704j:image

まるでモネのヴェネツィアだな。

次郎は独りごちた。

 

ん、こんなところに洋食屋っぽいところがあるぞ。よし、今夜はここにしよう。

次郎は車を停めた。

 

店名はクレソン。

ステーキが売りか…ふーん。

ガラ♪

いらっしゃいませ。

 

一人だ。

奥どうぞ。

次郎はテーブル席に座った。

メニューはと。

f:id:hidekinghenry:20190711004129j:image
f:id:hidekinghenry:20190711004133j:image
f:id:hidekinghenry:20190711004137j:image

なかなかそそるメニューだな。

しかし、初めてだしな。

よし。

 

おい。

はい。

ホタテのバター焼きと、ステーキセットで。

はい、かしこまりました。

 

次郎は置かれた水をがぶ飲みした。

そして、一気に飲み干した。

が、忙しそうにしている夫妻の割って二杯目に入る勇気がでなかった。

 

まぁいい。

 

はい、ホタテのバター焼きです。

f:id:hidekinghenry:20190711004730j:image

ほう。うまそうだな。三つで540円か。ちょっと高いか。

味はどうだ?

ほう。

バターとニンニクが効いてうまいな。あっという間に食べてしまう。

 

はい、ステーキセットです。

f:id:hidekinghenry:20190711005137j:image

f:id:hidekinghenry:20190711003844j:image

パチパチパチパチ♪

鉄板が熱いのでお気をつけください。

 

うまそうなニンニクの匂いだ。

どら。

f:id:hidekinghenry:20190711005254j:image

少し赤くてうまそうだな。

次郎は肉を口内に放り込んだ。

 

ほう。柔らかい。

肉汁が溢れるな。そして、ガーリックとバターの匂いが口を充満させる。

こりゃなかなかいいな。

 

むしゃむしゃ。

スープは味噌汁か。日本人はやはり味噌汁だな。

ズズズズ。

 

むしゃむしゃ。

じゅわー♪

しかし、このステーキ、ガーリックがいい匂いだ。

 

むしゃむしゃ。

ズズズ。

むしゃむしゃ。

 

むしゃむしゃ。

ふぅ。

 

 

ごちそうさんと。あっという間だな。

 

さてと、食ったら即退散だな。

 

食後のアイスコーヒーです。

そうか。コーヒーを頼んでいたな。

 

次郎は置かれたアイスコーヒーを一気飲みした。

ふん。まぁまぁだな。

 

 

おい、会計頼む。

 

はい。

2130円です。

 

ほらよ。釣りはいらねーぜ。新しいニンニクでも買いな。

次郎はキッチリ2130円を金皿に叩きつけた。

 

ラガ♪

だいぶ暗くなったな。

 

 

夏至も過ぎ、夏が終わる…か。

次郎は独りごちた。

 

バタン。

次郎は車に乗り込んだ。

むわっとする車内。

エンジンをかけ、アクセルを踏んだ。

車に止まっていた虫たちが一斉に飛び立つ。

 

いやいや、まだまだ夏はこれからだな。

次郎は黒石方面に車を走らせた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190711005137j:image

クレソン@弘前

街の洋食屋。なかなかないので重宝しそう。他のメニューもそそる内容。

3.3次郎