函館次郎のお一人さまグルメ

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

えびそば一幻 ラーメン 六本木

f:id:hidekinghenry:20190704080641j:image

 

こんなところに一幻が。

しかも店からの海老の匂いがすごいな。これは間違いない、札幌の一幻か。

 

もう腹一杯だがいってみよう。

次郎は飲んだ帰りフラフラと霧雨の六本木を歩いていた。

すると、新しくできた風な一幻というラーメン屋に出くわした。

 

札幌で人気のラーメン屋一幻。

千歳空港にも入っているが、そこではいつも長蛇の列の人気ぶりだった。

 

しかし、六本木の夜10時、雨だからか、客はほとんどいなかった。

 

チャンスだな。

次郎は独りごちた。

 

入り口に男女の若者が入るか入らないかでぺちゃくちゃしている。

 

20秒ほど待つ。

 

若者はぺちゃくちゃしている。

 

更に20秒ほど待つ。

 

若者はぺちゃくちゃしている。

 

次郎はバシルーラを唱えた。

 

しかし、若者はぺちゃくちゃしている。

どうする?

 

ええい、どけ小僧ども、おまえらはカップラーメンでも食っていろ!

次郎は若者を押しのけ店内へと入った。

 

 

ガラ♪

ふぅ。これだから若者は困る。

f:id:hidekinghenry:20190703221227j:image

食券機を見ると、塩ラーメンが1番人気とあった。こりゃ塩ラーメンだな。780円か。

 

ポチッと。

次郎は食券を店員に渡し、カウンターに座った。

f:id:hidekinghenry:20190704081245j:image

セルフの水をがぶ飲みした。

そして、二杯目を飲み干した。

飲んだ後で喉がカラカラだった。

 

次郎が三杯目を注いだころ、ラーメンが着弾した。

お待たせしました。

f:id:hidekinghenry:20190704080641j:image

ほう。塩と言っても、味噌みたいだな。または豚骨だ。

f:id:hidekinghenry:20190704081345j:image

かなり、ドロりとしたスープだ。どれどれ。

ズズ。

ふむ。やはり豚骨系だな。海老の匂いがすごいな。

f:id:hidekinghenry:20190704081428j:image

このピンクの粉は海老を削ったものだな。凄い匂いだ。しかし、嫌な臭みなどはないな。スープと調和している。

f:id:hidekinghenry:20190704081507j:image

麺は太麺と細麺が選べると書いてあったが、次郎はデフォルトの太麺にした。

太麺といってもそんな太くないな。合格だ。

ズルズルッ

ほう、食べやすいな。やわらかいがもっちりしている。

海老のスープと一緒に食べた方がうまいな。

f:id:hidekinghenry:20190704081631j:image

チャーシューは薄いな。一枚だけか。これは少し物足らん。悪くはないがな。

ズルズルッ

 

ズズズー

 

ズルズルッ

 

ズズズズー

 

ズルズルッ

 

ズズズー、ズズズー、ズズズズー。

 

ゲフッ。

食っちまったな。ご馳走さんと。

まぁまぁだったな。〆には丁度いいかもな。

 

ラガ♪

あばよ。

ありがとうございましたー。

若者はまだぺちゃくちゃしている。

次郎はバシルーラを唱えた。

しかし、なにも起こらなかった。

 

ふぅ。

おお、隣は麺屋武蔵だったか。麺屋武蔵のほうが混んでるな。

 

そうかもな。

次郎は腹を抑えながら六本木通りにでて、タクシーに乗り込んだ。

 

梅雨はまだまだ終わりそうになかった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190704080641j:image

えひそば一幻@六本木

札幌で有名な海老ラーメンの店。そこまででもなかった。飲んだ後の選択肢の一つか。

3.3次郎