函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

赤のれん ラーメン 西麻布

f:id:hidekinghenry:20190612191354j:image

ういー、だいぶ飲んじまったな…

すね!すす!すすーー!!

 

うるせーぞ寝屋川!

すね!すすー!すすすーー!!!

次郎と寝屋川は六本木で飲んでいた。

時は深夜も2時。ふらつく足で六本木から西麻布方面に歩いていた。

 

交番の前を通り過ぎるときだけしっかりした足取りを装うものの、千鳥足は隠しきれない。

すねー!すす!

 

だからうるせーんだよ!

すねー!すす!

寝屋川は相当酔っ払っているようだ。

 

む。

こんなところに、ラーメン屋が。 

 

!!

おお、これが噂の赤のれんか。

深夜になればなるほど満席になるという伝説の。

すよ!先輩、行きましょう!

何!こんな時間からか!

当たり前じゃないっすかー!すす!

赤のれんは深夜にいくもんでしょーがー!

 

ぐ、うるさいな。わかったよ。

いこう。

ガラ♪

2人っす!すすすーー!

 

カウンターどうぞ。

運良く2席空いていた。

隣は水餃子まで頼んでいる。

 

ゴクリッ。

うまそうだな。

次郎は独りごちた。

 

よし、チャーシューメンだ!

2つっす!!

おれは、高菜とキムチをトッピングで!

僕もっすす!

くそ、このマネマネ野郎がっ!

すねーー!!

はははははー!

寝屋川はご機嫌のようだ。

 

しかし、飲んだ後は塩分が腹の底から恋しくなる。だから人はラーメン 屋に入るのだろう。そうに違いない。

次郎はぶつぶついいながら、置かれた水をがぶ飲みした。続けざまに2杯飲んだところでラーメン が着弾した。

 

ドン。

お待たせしました。

ぐお!

このビジュアル!もはや暴力装置だな!

すねー!!

はは!

f:id:hidekinghenry:20190612191405j:image

うまそー!!キムチと高菜正解っすね!すす!

そうだな。間違いない。

 

どれどれ。
f:id:hidekinghenry:20190612191409j:image

博多ラーメンの細麺。うまそうだ。

ズルズルッ!

ズルズルズルッ!

くお、意外とスープに深みがある。さらに麺はもちもちだ。うまい、かもしれん!

 

ズルズルズルッ、ズズズー♪

ズルズルズルッ!!

うお、キムチと高菜ががっつり入ってきて、さらにチャーシューの枚数が多くてそれか全部口の中で混ざり合い合掌する!!

うめぇ!

 

すねーーー!ズルズルズルッ!

寝屋川も止まらないようだ。

 

深夜にこれはヤバい。うまい!

ズルズルズルッ

 

ズルズルズルッ

 

ズズズズズー♪

 

ズルズルズルッ!

 

一気に行っちまうぞこりゃ。

すねーーー!

ズルズルズルッ、ズルズルズルッ

ズルズル、ズルズル、ズズズズズズズー!

 

ぷはー!!

ゴトり。

いかん、禁断のスープまでいってしまうところだった。

ゲフッ。

すでに寝屋川はスープを飲み干していた。

やっちまったな。

 

かー!うまかったっすねー!!

本望というやつだな。

 

おい、おやじ、会計だ。

2人で2200円です。

ほらよ。ここはおれが払うぜ。釣りはいらねーよ。

次郎はキッチリ2200円をカウンターに叩きつけた。

ご馳走さまっす!!次郎先輩!!

すすー!!

 

ははー!みたいに言うな!

すすー!!

 

ラガ♪

ふー、既に胃もたれがするか。

すねー!

 

おい、もうタクシーに乗るぞ!

すね!

 

寝屋川は走り出して、タクシーを捕まえた。

バタン♪

乗り込む2人。

 

深夜の西麻布を2人は後にした。

続く。

 


f:id:hidekinghenry:20190612191405j:image

赤のれん@西麻布

博多ラーメンの店。深夜げきごみ。

馬鹿にしていたらとてもうまかった。キムチと高菜、チャーシューは必須。できれば水餃子も。

3.5次郎