函館次郎のお一人さまグルメ

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

とんかつひなた とんかつ 高田馬場

 f:id:hidekinghenry:20190527143843j:image

あ、暑いな。

5月なのに30度超えとはな。世も末だ。

東京はビルの照り返しで余計に暑いしな。

まぁしかしだ、やはり東京だな。

旨い店がうようよしてる。

 

さてと、開店5分前。完璧だな。

今日はどーしても行きたかった店があった次郎。その開店11時に合わせ、高田馬場に10時55分に降り立った。

 

ふう、このビッグボックスはいつ見ても懐かしいぜ。むかしこのポールによじ登って警察に怒られてたバカな奴がいたっけか…

遠い日の淡い思い出だった。

 

ふん、まぁいい、行くとするか。

 

ドンッ。

うお、気をつけろ!このスットコドッコイ!

 

次郎は後ろからかけてくる男にぶつかられて、よろけた。

 

ん?

あ、先輩!!

なんだ寝屋川じゃねーか。何してんだこんなとこで。

いや、先輩こそ、なんで東京に!

ふん、俺が東京にいてもいいだろう。

まぁ、そっすね。

東京は何でもありますからね。

 

そーいうことだ。

 

で、どこにいくんだ?

いや、11時に開店するとんかつ屋にいくんすよ。旨いらしいんで。

 

な、なに!!

ブ、ブルータス、おまえもか!

 

ってことは、先輩同じっすか!

さすがっす!すす。

 

ふん、行くぞ。

すね。

 

次郎と寝屋川は並んで早稲田通りを早稲田方面に歩いた。戸塚小学校をこえ、TSUTAYAのビルをこえ、東進ハイスクールのビルを左手に折れる。

 

これじゃないっすか?

f:id:hidekinghenry:20190527174253j:image

お。
f:id:hidekinghenry:20190527174259j:image

おう、これだな。

 

よし。

ガラ♪

二人っす。すす。

奥どうぞ。

 

11時02分。

完璧だな。

先客は1人。

やるな。

 

カウンターのみ、15席程度の広さ。清潔な店内。店員はみなアジア系だった。

へー。

 

さてと。
f:id:hidekinghenry:20190527174250j:imagef:id:hidekinghenry:20190527174312j:image

いろいろあるが…よし。

おい。

はい。

上ロース定食。

 

2つで。

と寝屋川。

 

それと、いちぼ!

はい。

 

まずはお新香と水が置かれた。

次郎は置かれた水をがぶ飲みした。

すぐさまお代わりが注がれる。

そして、それをすぐさま飲み干した。

それを3回繰り返した頃、

次郎と寝屋川の分と思われるロース肉が油にダイブするのが見えた。

手前にはキャベツが盛られた皿がたくさん並べられている。

 

じゃわー♪ピリピリピリピリ♪

じゅわわー♪

 

うーむ、そそられる音だ。

すね!

 

はい、どうぞ。

まずは豚汁と白飯が置かれた。

f:id:hidekinghenry:20190527180943j:image

はい、上ロースです。

f:id:hidekinghenry:20190527174308j:image

おおー!!

見事なクリエイティブ!
f:id:hidekinghenry:20190527174303j:image

美しい…
f:id:hidekinghenry:20190527174236j:image

素晴らしいピンクだ。

次郎は、眼を細めた。

まるでシャム猫が初めて見るカルカンを前にして、その匂いを嗅いで、改めて青い眼を細める優雅さで。

 

おい、醤油を頼む。

はい、畏まりました。

 

まずは塩で、などという輩もいるが、とんかつを食して早35年。まずは一番好きな醤油で頂く。これが鉄則よ。

次郎は独りごちた。

 

どら。
f:id:hidekinghenry:20190527174247j:image

ザクッ。ギュわ♪

くお、サクサクの衣にロース肉の脂がゆっくりと広がる。甘く、柔らかく、そして醤油の塩気が絶妙に混ざり合う。

 

うまい!!

こりゃ、うまいぞ寝屋川!

 

すねーーーー!!!

寝屋川も驚いているようだ。

 

次は塩と、この店推奨のオリーブ油だな。

f:id:hidekinghenry:20190527174232j:image

ザクッ、ギュわ♪

ほほう。

オリーブはどちらでも良いが、塩が合うなこりゃ。

 

うまい!

むしゃむしゃ。

 

ザクッ、ギュわ♪

 

ザクッ、ギュわ♪

 

ズズズ。

豚汁も豚肉がゴロッと入ってうまい。

 

 

はい、いちぼです。

おお、頼んだの忘れていたぜ。

f:id:hidekinghenry:20190527174243j:image

赤身の多い肉か。まるでヒレだな。

どら。

ザクザクッ。

ぎゅ♪

ふむ、脂身が無い分食べやすいな。肉の質がいい。変な臭みも勿論ない。しかし、ロースには敵わないな。

 

すね。次郎さん。

だな。寝屋川。

 

かっかっかっ。

ははははははっ。

 

2人の幸せな笑い声が店内に響いた。

 

ゲフッ。食ったな。

すね。

 

じゃお会計を。

はい。お二人で3500円です。

ここは出しておいてや…

 

ス。寝屋川はすかさず1750円をだした。

釣りは大丈夫っすよ次郎さん。

ふん。うるさい!

 

ほらよ。二人分だ。釣りはとっておきな。

次郎はキッチリ3500円を店員に手渡した。

新しいオリーブオイルでも買いな。

 

また来るぜ。

ラガ♪

ありがとうございましたー。

 

暑いなしかし。

すね。

異常っすね日本は。

地球がな。

全くだ。

 

かっかっかっ。

ははははははは。

 

二人の笑い声が高田馬場の裏道に響いた。

二つの陽炎が揺らめく暑すぎる5月の昼下がりだった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190527183900j:image

とんかつひなた@高田馬場

高田馬場、とんかつ新御三家に認定。

衣、肉厚、脂身、焼き加減。どれをとっても秀逸。しかし焼き加減が半端ない。

3.8次郎。