函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

珈琲アイデア ジャズ喫茶 黒石市

f:id:hidekinghenry:20190524201938j:image

そろそろ行く店がなくなってきたな。

次郎は今日も黒石市を昼飯徘徊していた。

午後のフィールドワークの前に腹ごしらえを目論んでいた。

 

うーむ、ラーメンにするかなぁ。

ん?これは、ラーメン鉄満堂の隣にこんな喫茶店あったかな。しかもランチやってそうだな。

よし、新規開拓だ。

 

扉は開いている。

f:id:hidekinghenry:20190524201932j:image

よし。

f:id:hidekinghenry:20190524201935j:image

中に入ると、ジャズが勢いよく流れ、店内にはジャズレコードが所狭しと飾られている。

昔ながらのジャズ喫茶だったのか。

 

 

おい、女将。

はい。

ランチはやってるのか?

やってますよ。

よく見ると柱にメニューが貼ってある。

 

 

ふーむ。

茶店といえばトーストかナポリタン、

またはカレーかハンバーグだよな。

次郎は独りごちた。

 

 

よし、ここはハンバーグだ。

おい、女将、ハンバーグ頼む。

はい。

 

定番のジャズが勢い良く流れるなか、次郎は置かれた水を一気に飲み干し、さらにもう一杯自分で注いだ飲み干した。

 

ふー。

落ち着いたな。

 

お待たせした。ハンバーグです。

おう、早いな。

f:id:hidekinghenry:20190524201938j:image

ほう、なんだか昭和にタイムスリップだな。悪くないぞ。

 

どれどれ。

f:id:hidekinghenry:20190524202014j:image

卵も母ちゃんが作ったみたいだな。

ほう。

f:id:hidekinghenry:20190524202019j:image

これは、煮込みハンバーグだな。甘口だ。目玉焼きがちょうどいい感じだ。懐かしの味だな。

 

サラダも素朴だ。スープはやや熱いな。これはご愛嬌か。

 

ムシャムシャ。

パクパク。

ムシャムシャ。

パクパク。

 

ふー。あっという間の戦闘だったな。

おい、女将。

はいよ。お会計頼む。

はい。700円です。

 

ほらよ。釣りはいらねーぜ。これでヴィンテージのオスカー・ピーターソンでも買い足しな。

次郎はそう言いながらキッチリ700円を女将の手に優しく載せた。

 

また来るぜ。

ありがとうございましたー。

 

暖簾越し、流れるようなピアノが次郎の背中を静かに撫でた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190524201938j:image

珈琲アイデア黒石市

ジャズ喫茶。初老の女性がやっている。少し退廃的で雰囲気がある。飯の味は普通。

3.0次郎