函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

かどっこ 焼きそば 黒石市

f:id:hidekinghenry:20190523232109j:image

昼飯は何にするかな…

次郎は黒石市でいつものフィールドワークを終え、弘前大学に向かう予定だった。

時は11時45分。

 

丁度いいな。昼飯にするか。

 

しかし、黒石もだいぶ行き尽くしたよな。

よし、ここはひとつ、えい、ままよ!

 

次郎は思い切って、入ったことのない小道に入ってみた。

細いな。

ん?

なんだここは。店か?

 

かどっこ?

f:id:hidekinghenry:20190523232155j:image

なんだか気になるな。

f:id:hidekinghenry:20190523232143j:image

焼きそばか!

よし、今日はここだな。

 

ガラ♪

いらっしゃい。

店内には先客のおやじが一人いた。

カウンターどーぞ。

と店の女将。

狭い店内。

シンプルなメニュー。焼きそばとお好み焼き。
f:id:hidekinghenry:20190523232140j:image

よし、ここは焼きそばだな。

いや、待てよ、オム焼きそばってのもいいな。一度に2倍楽しめる。しかも550円。安い。

よし、女将。オム焼きそば頼む。

はい。お客さん、初めて?

あぁ、そうだが。

マヨネーズいるかい?

いらん。

はいよ。

なんと、1回目からカスタマイズか。やるぜ。

 

じゅ〜♪

鉄板で何かが焼けるイイ音♪

ザッザッ、ザザッ、ザッザッ

 

はい、お待たせ。オム焼きそばね。

f:id:hidekinghenry:20190523232152j:image

おお!美しいクリエイティブ。

完全にオムライスやないか!

 

どれどれ。

f:id:hidekinghenry:20190523232159j:image 

おお、中を割ると完全に焼きそばだな。

ズルズルッ。

ソースが効いてうまいな。紅ショウガもいい。f:id:hidekinghenry:20190523232148j:image

この卵もまたフワフワでいい!

ムシャムシャ。

ズルズルッ。

最後までソースの味がついててうまいな。

ゲフッ。

ご馳走さん、と。

 

 

おい、お会計頼む。

はい、550円です。

 

ほらよ、これで新しいオタフクソースでも買いな。

次郎はきっちり550円をカウンターに叩きつけた。

 

ウィーン♪

意外とボリュームあったな。それにしても安かったな。

次郎は車の前で独りごちた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190523232109j:image

かどっこ@黒石市

焼きそばの店。こじんまりしたお店。お母さんのような味。

3.1次郎