函館次郎のひとり飯クエスト

函館次郎がうまい飯を求めて彷徨い、独りごちる至福の物語。

ラーメンくどう ラーメン 青森市

f:id:hidekinghenry:20190522171131j:image

さてと。青森はもういいか。

次郎は浅虫から青森に帰ってきていた。この先また弘前に向かうことになっていたが、どうにも小腹がすいていた。

 

小腹ががすいたな。

甘いものは食べたくないしなぁ。

車を駅前に停め街をぶらついていると、ラーメン屋にでくわした。

f:id:hidekinghenry:20190522171212j:image

くどう…なんともはや。安そうだな。入って見るか。

 

ガラ♪

いらっしゃいませー。

食券どうぞ。

f:id:hidekinghenry:20190522171202j:image

ほう、500円か。見込んだ通り安いな。ちょうどいい。

よし、ポチッとな。

 

次郎は食券をおばちゃんにわたす。

店員はみんなおばちゃんか…

次郎は独りごちた。

 

はい、醤油ね。

f:id:hidekinghenry:20190522171131j:image

ほう、速いな。こうでなくちゃな。

見た目はなんてことない醤油だ。
f:id:hidekinghenry:20190522171157j:image

どれ。

う、アッサリ醤油だ。

煮干しか、平子か…いや煮干しか。

とにかく予想通りアッサリだ。

複雑さが見事にない。

 

チャーシューも良くあるパターン。
f:id:hidekinghenry:20190522171205j:image

うむ、予想通りだ!はは!

 

麺は?
f:id:hidekinghenry:20190522171153j:image

細麺だな。これはいい。

ズルズルッ!

 

ズルズルッ!

はは!シンプルだ!

 

ズルズルッ!

ズズズー。

うーん、アッサリして。

 

ズルズル、ズルズルズルッ!

ふー、あっという間になくなったな。

ある種、清々しいな。

はは!

 

よし、ご馳走さん。

まいどー。

ラガ♪

 

ふー、本当に小腹が満たされたな。

なんとなくまた来てしまいそうな感じだ。

 

次郎はそう言いながらまたブラブラと駐車場に戻って行った。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190522171208j:image

ラーメンくどう@青森市

昔ながらの醤油ラーメン。にぼしアッサリ系。

なんとなく来ちゃうような店。500円だし。

3.1次郎