函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

海食亭むつわん 海鮮丼屋 青森

f:id:hidekinghenry:20190521190343j:image

次郎は黒石市から青森市に向かって車を転がしていた。

今日はフィールドワークの一環で三内丸山遺跡

に足を伸ばしていた。

ふー、まぁ遺跡はあんなもんだろう。勉強にはなったが今の俺にはあまり必要なさそうだ。

 

さてと、昼時だしな。

確かこの辺にうまい海鮮を食わせる定食屋があったはずだ。

 

お、おう、ここだここだ。

海食亭むつわん。幸い駐車場も空いていた。

次郎は車を停め、入店した。

 

ガラ♪

いらっしゃい。

1人だ。

奥の上がりにどーぞ。

まだ昼時には少しあるため座ることができた。

f:id:hidekinghenry:20190521183907j:image

ほうほう。いろいろあるが…

ここは、特上海鮮丼か。
f:id:hidekinghenry:20190521183915j:image

うには、苦手だしな。

 

よし、ねーさん。

はいよ。

特上海鮮丼一つ。

はいよ。

 

次郎がセルフで入れた水を飲んでいると、どんどん客が入ってくる。

 

タッチの差か。

次郎は独りごちた。

 

はい、おまたせしました。

特上海鮮丼です。
f:id:hidekinghenry:20190521184021j:image

ほう、なかなか見事なビジュアル。

エビの味噌汁もうまそうだ。

f:id:hidekinghenry:20190521184027j:image

まずはサラダからだな。

まぁこれは普通か。

f:id:hidekinghenry:20190521190343j:image

さてと、では真打ちをいただくとするか。

 

ほう、このとびっこなかなか馬鹿にできないな。やはり港町。新鮮だ。

 

イカもいい。コハダもフレッシュだ。

サーモンもうまい。

そして、マグロだ。やはり青森。マグロがうまい。ネギトロは当然として、赤身がうまい。

 

寿司屋の玉子でなかなかいいぞ。

 

ズズズ。

そして、この味噌汁だ。海の出汁が効いて、魚の脂を丁度良く洗い流してくれる。

 

むしゃむしゃ。

 

むしゃむしゃ。

 

くっ!わさびがくるな!

これもまたいい!

 

むしゃむしゃ。

むしゃむしゃ。

カツカツカツカツ。

次郎の丼を掻き込む音が響く。

カツカツカツカツ。

 

 

ゲフッ。

ご馳走さん、と。

 

 

おい、会計頼む。

こちらへ。

1200円です。

ほらよ、釣りはいらねーぜ。

 

それで新しい紫蘇の葉でも買いな。

次郎はキッチリ1200円を金皿に叩きつけた。

 

 

ウィーン♪

ありがとうございましたー。

 

さてと、次は浅虫方面だったな。

次郎は再び車に乗り込んだ。

 

桜も終わり、林檎が白い花を咲かせる季節。

着実に時は流れていく。

 

次郎の車が発車したあとには白い花びらが穏やかに舞っていた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190521190949j:image

海食亭むつわん@青森市

昼に海鮮丼が食べれる居酒屋兼定食屋。1200円ならこれは丁度いい。

3.3次郎