函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

覆面智24 ラーメン 神保町

f:id:hidekinghenry:20190426114319j:image

お、おやじ!

会いたかったぜ!

次郎は、東京は神保町にいた。

時は水曜。都内での会議は午後から。

となればおやじの店で悪い奴を食うしかないだろう!

次郎は勢いよく半蔵門線神保町駅の階段を駆け上がった。

 

外は少々の雨模様。

しかし、そんなのかんけーねー。

 

まるで小島よしおだな。

次郎は独りごちた。
f:id:hidekinghenry:20190426114340j:image

お、今日は渡り蟹出汁!

付いてるぞ!

しかも雨で外待ちは無し。

 

ガラ♪

いらっしゃーい。

お、戻ったのかい?

は、はい。まぁ。

少し嬉しい次郎。

 

食券機で悪い奴ラーメンのボタンを押し!

現金100円でトッピングの悪い肉を求めた。

都合1300円。

 

 

チャッ、チャッ、チャッ♪

 

チャッ、チャッ、チャッ♪

 

 

トッピングは?

ノリ、青唐辛子、味玉子で。

はいよ。

 

チャッ、チャッ、スチャッ♪

 

ごとり。

ズシリとした感覚と音。

f:id:hidekinghenry:20190426114328j:image

くお、いつもながら見事なクリエイティブ。茶色を基調としたビジュアル。たまらんぞ。

f:id:hidekinghenry:20190426114336j:image

渡り蟹がたくさん入っているだろうスープ。色からは判断できない。

 

ズズッ

くーーー!

たまらねーー!

蟹の芳しい香りとスープのコクがたまらねぇ!

うめぇ!

f:id:hidekinghenry:20190426114332j:image

そして、この鳥の肉。

うまい。スープを引き立てている

そして、この玉子縮れ細麺。
f:id:hidekinghenry:20190426114325j:image

ズルズルッ、ズルズルッ

くーーー!

 

うまい。蟹の風味が絡まり、ツルッと啜れるこのうまさ。おらぁ死んじまうよおやじ!


f:id:hidekinghenry:20190426114315j:image

くーーー!

そして、この悪い肉。既に普通のホロホロチャーシューだけで充分なところ、濃い味の豚バラ肉。蟹スープ、青唐辛子と相まって、もはや表現のしようがないほど豪快で贅沢。

 

もはや、もうラーメンはここ以外食うまいと誓ってしまいそうになる。

 

ズルズルッ、

ズズズー、

 

ズルズルッ、

ズルズルズル、ズズズズー♪

 

プハーッ、うまかったぜ。

ゲフッ。

ふー、こうなりゃ神保町に住むしかねーか。

ふふ。

 

 

おやじ、ご馳走さん。最高にうまかったぜ!

 

どうもねー。

東京に帰って来たらまた寄ってよ。

 

泣かせるぜ!おやじ!

ラガ♪

次郎は店を出た。

雨が降っている。

しかし、心は晴れやかだった。

 

次はまたいつこようか。

今食べたばかりなのにな…

笑っちまうぜ。

 

足取りも軽やかに、次郎は再び地下鉄の階段を降りて行った。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190426210909j:image

覆面智@神保町

がんこラーメン一条流を受け継ぐ醤油味ラーメンの雄。次郎史上一うまいラーメンになりつつある。水曜日の会員限定の濃い味スープは神の領域。

3.9次郎