函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

生姜は文化③ ラーメン 巣鴨

f:id:hidekinghenry:20190416192219j:image

久しぶりに東京に戻った次郎。

羽田から、品川で乗り換えた後、気づけば都営三田線に乗っていた。本当はおやじの店のある神保町で降りるつもりだったが、なんだか降りそびれ、そのまま北へ足を向けてしまった。

 

電車が巣鴨に着くと、次郎はおもむろに電車を降りた。

ふぅ、なかなか時間がかかったぜ。

 

折しも四月の始め、入学式に向かう親子で巣鴨駅は賑わっていた。

 

新しい門出…ってか。

俺は既に青森に門出たがな。前途多難な若者達よ、親からもらった書を捨てて、街へでやがれ!

 

 

邪魔だ、どけ!

次郎は入学式親子をかき分け、押しのけ、駅を出ると白山方面に大通りを歩いた。

 

道も入学式親子で溢れている。

うっとおしいな。

 

ずんずんずん、

ずんずんずんずん。

 

向こうからものすごい勢いで歩いてくる人影が見えた。その歩くスピードは他を圧倒している。

 

き、教授!!

 

おお、次郎くん。どーしたこんなところで。

青森じゃなかったのか。

 

いや、たまたま今日帰ってきまして。

そうか。

 

教授は?

この後、母校の高校の入学式の挨拶で、壇上に立つんだよ。

そうなんですか。それはそれは。

 

それはそうと次郎くん。

まだ講演にも時間があるし、

どうだ、昼飯でも。

まぁ、ちょっと昼には早いんだが。

 

あ、いいんですけど、僕これから、ラーメン食べようと思ってたところでして…

 

おお、そうか、じゃそこに行こう!

案内してくれ。

わかりました。

 

ずんずんずんずん♪

教授のスピードに押され、次郎もギアをあげた。

 

ずんずんずんずん、

ずんずんずんずん♪

 

教授、ここです。

おお。

危なく通り過ぎるところだった。

 

生姜は文化、か。面白い名前だ。

はい。

 

ガラ♪

2人だ。

空いてるところどうぞ。

 

まずは食券を買うんです。

そうか。次郎くんと同じものにしよう。

 

そうですか、では、定番の塩ラーメンに、チャーシューご飯でいいですか?

 

おお、この店は塩が定番か。ここは私が出そう。

あ、いや教授いいですよ。

構わん構わん。

そう言うと、教授は3000円を機械に入れ、次郎は食券を買った。2300円。一人当たり1150円だ。

 

さてと。

カウンターに座る2人。

 

どうだね青森は?

はい、自分にとっては未開の土地というか、新しい発見が多いですね。

そうだろう。君はずっと東京にいたからな。しばらくはローカルで修行するといいだろう。楽しんでな。

 

は、はい。

教授に言われると、なんだか心が落ち着いていく。

 

はい、お待たせしました。

ベストタイミングだな。

次郎は独りごちた。

f:id:hidekinghenry:20190416192219j:image

おお、美しいビジュアル。さすがだ。

 

こりゃうまそうだな次郎くん。

はい。

f:id:hidekinghenry:20190416192305j:image

透明なスープ。チャーシューの脂が浮かび、濃厚な気配が漂う。

うーん、生姜が効いて、うまい。アッサリなのに濃厚。たまらん。ややスープは熱めだ。f:id:hidekinghenry:20190416192247j:image

この、ややきしめん風の麺が良くスープに絡む。

 

ズルズルッ、

うまい。

 

そして、

f:id:hidekinghenry:20190416192301j:image

このチャーシューだ。

次郎はチャーシューを口に放り込んだ。

 

く、柔らかく、ホロホロだ。

うまい。味もしっかりついて。脂部分がくどくない。

 

はい、チャーシューご飯です。
f:id:hidekinghenry:20190416192257j:image

きた。チャーシューの再来だ。たまらんな。f:id:hidekinghenry:20190416192253j:image

次郎は卵を破り、かき混ぜた。

ふー。うまそうだ。

チャーシューとご飯と卵が三位一体となり、口内で爆発する。

 

うまい。

次郎くん、うまいなこりゃ。

ですね!

 

むしゃむしゃ。

ズルズルッ

ズズズー、

 

ズルズル、ズルズル、

むしゃむしゃ、

ズズズー、ズズズズズズー、

 

ズズズー♪

 

ふぅ、食ったな。

いやー、腹一杯だよ次郎くん。

ですね。

 

じゃ行くとしようか。

はい。

 

ラガ♪

2人は店を出た。

東京の春は、暑い。

 

駅まで歩こうか。

ですね。

 

ずんずんずんずん、

ずんずんずんずん、

 

あ、じゃ僕はここで。

あ、ここなんすね教授。

 

まぁな。じゃまた。

そう言うと、教授は角を右に曲がり、奥へと歩いて行った。

 

ずんずんずんずん、

ずんずんずんずん、

ずんずん…

やがて見えなくなった。

 

相変わらず速い。そして潔い。

さすがだ。

 

次郎は再び巣鴨駅に戻り、山手線のホームに消えて行った。

相変わらず、入学式親子で巣鴨は溢れかえっていた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190422222444j:image

生姜は文化@巣鴨

塩生姜ラーメンの店。覆面智の店主と知り合いのよう。だからかどうかわからないがチャーシューがホロホロでうまい。生姜の味がスープに効いていて、塩に深みが出てうまし。

3.6次郎