函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

浜塩と炊炉 ジンギスカン 函館

 

f:id:hidekinghenry:20190415220549j:image

ついに、きちまったな。

次郎さん、入りますよ。

f:id:hidekinghenry:20190415220618j:image

お、おう。ま、待ちやがれ!

言葉は虚しく足元に落ちた。

次郎は後輩の二本柳あとを追って階段を上がる。

そこには、割と広めのジンギスカン屋が広がっていた。大きな縦長の吸気口が2列に並びその両側に4人ぐらいずつが座れるスペースがある。

 

とうの昔、もう10年以上前に次郎が通っていたジンギスカン屋だった。

店名は変わり、今は浜塩と炊炉(はましょーとたくろー)という変わったネーミングになっている。

f:id:hidekinghenry:20190415221036j:image

拓郎と浜省のポスターが貼ってある。

店内を見回すと、ネギ塩レモン。生ラムに挟んで食べるとうまいらしい。バターコーンも気になる。

f:id:hidekinghenry:20190415221244j:image

しかし、グランドメニューは、と。
f:id:hidekinghenry:20190415221253j:image

おお、店長相変わらずだぜ。
f:id:hidekinghenry:20190415221240j:image
f:id:hidekinghenry:20190415221237j:image
ビールと、そして、生ラム肩ロースだな。そして、ベーコン。さらに生ロース。そして野菜だな。

わかりましたー。二本柳が店員を呼ぶ。

あら、ひょっとして次郎さん?

お、おお、女将。

お久しぶりー。

覚えてたか。

少し嬉しい再会。

次郎さん、顔広いっすね。

当たり前よ小僧。

 

はい、ビールね。

来た。

乾杯!

ぐびぐび!ごくごく!

ぷひょー♪

うめー!

まずはビールで喉を潤す二人。

 

はい、肩ロースね。

f:id:hidekinghenry:20190415220549j:image

それとベーコン。
f:id:hidekinghenry:20190415222017j:image

うまそー!

二本柳は慣れた手つきで野菜と肉をオンした。

ジュワー♪

f:id:hidekinghenry:20190415222006j:image

いい感じだ。肉の色が変わっていく。

二本柳、慣れたものだな。

はい、通ってますから。昔の次郎さんみたいにね。

ふん、歴史は繰り返される、か。

俺が二本柳の頃、ジンギスカンは安いから、かなりのヘビロテを繰り返していた。まるで坂本龍一の曲のようだ。いい曲は何度もサビがリフレインされるものだ。

 

次郎さん、次郎さん、

ん?

焼けましたよ!

お、おう。

う、うまそうだ。どれどれ。

f:id:hidekinghenry:20190415222002j:image

ここは、タレが絶品なんだ。

次郎は特製のタレをつけ、肉を口の中へ放り込んだ。

くお!あの時の味と変わらない!うまい!

程よい塩加減。肉にしっかり混ざり合うタレ。醤油ベース。たまらねぇ。

そして、肉は柔らかく、ジューシー。

ジュワー♪

この野菜もうまいんよな。しんなりした頃が食べごろだ。キャベツと玉ねぎ。そして、ねぎ。

シャキシャキとしんなりのせめぎ合い。最強の盾と最強の矛。どちらが強いのか…に似ているか。

次郎は独りごちた。

f:id:hidekinghenry:20190415222013j:image

しかし、うまい!何皿でもいけるな。

生ロースです。

うおー、来たな。これもまた柔らかそうだ。

そして、ベーコン。
f:id:hidekinghenry:20190415222022j:image

く、うめぇ。焦げ目が最高だ。

口の中で脂が溢れる。たまらねぇ。

 

生ロースもさらに柔らかい。

しかし、俺はやはり肩ロースだな。

 

おい、女将、肩ロースもう一枚。それと、ビール!

あいよ。

f:id:hidekinghenry:20190415220549j:image

くー、うまそうだ。

f:id:hidekinghenry:20190415222006j:image

むしゃむしゃ

ジュワー♪

むしゃむしゃ

ジュワー♪

むしゃむしゃ

 

ゲフッ。

食ったなー。

食いましたねー次郎さん。

あ、あぁ。

よし、女将、お会計頼む。

はいよ。

7200円ね。

 

やはり、リーズナブルだ。

よし、二本柳、ここは俺に胸をかりていいぞ。釣りはとっとけ。

は、はい、ありがとうございます。

次郎は4000円を二本柳に手渡した。

 

釣りって、400円多く出しただけじゃん…

二本柳は独りごちた。

 

ありがとうございました。

また来てくださいねー♪

 

次郎と二本柳は店を出た。

ふー。食ったなー。

すねー。

 

次郎さん、泊まりはどこで?

函館駅前だ。

 

そーすか、じゃ、僕は逆方向なので。

おう。またな。

 

次郎は帰る二本柳の後姿を一瞥すると、くるりと向き直り、駅とは逆に五稜郭方面に向かって歩いていった。

 

角を折れ、馴染みの塩ラーメンの店に向かっていった。

 

春の風は冷たく、ここが北国であることを次郎は鮮やかに思い出したのだった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190415222002j:image

浜塩と炊炉@函館五稜郭

昔から函館にあるジンギスカン。次郎的には一番うまい。肉は柔らかいしリーズナブル、タレがめちゃうまい。これにおろしニンニクを入れるとまさに神の味

3.7次郎