函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

みんぱい 中華 弘前城東

f:id:hidekinghenry:20190323205414j:image

さてと、今夜はなんとなく中華だよな。なんとなく。

町はどか雪で埋もれたことだし。

弘前は久しぶりに雪が積もった三月も終盤。シンシンと冷える夜、次郎の頭に浮かんだのは中華だった。

以前シニアアソシエイツの柳沢に教えてもらった店だった。

闇夜にぼんやりと浮かぶネオン。
f:id:hidekinghenry:20190323203047j:image

間違いない。ここだ。

今夜は独り。たくさん食べると心に決めていた。

 

ガラ♪

いらっしゃい。

一人だ。

お好きなところどーぞ。

次郎はカウンターに座った。

そして、置いてあった水をがぶ飲みした。

 

さてと。

f:id:hidekinghenry:20190323205450j:image

どれどれ。
f:id:hidekinghenry:20190323205454j:imagef:id:hidekinghenry:20190323205440j:imagef:id:hidekinghenry:20190323205445j:imagef:id:hidekinghenry:20190323205501j:image

やはり、目移りするな。

え、ええい、ままよ。

 

おい!

はい。

注文頼む。

はい。

焼き餃子、油淋鶏、酢豚ハーフ、四川風ネギラーメン。

 

はいよ。

しばらくして餃子が着弾した。

やはりな、大方の予想通りまずは餃子か。
f:id:hidekinghenry:20190323203055j:image

柔らかい。皮が薄く俺の好みだわ。ニンニクもあり、うまいぜ。

 

油淋鶏です。
f:id:hidekinghenry:20190323203051j:image

ぐ、しまったこれはハーフにすべきだった。かなりの量だ。仕方ねぇ。

う、しかし、パリっと揚げてある。甘だれがかかりうまいな。

 

はい、四川風ネギラーメンです。

f:id:hidekinghenry:20190323205542j:image

おお、なかなかの風合い。

ほう、担々麺スープだな、やはり。
f:id:hidekinghenry:20190323205551j:image

む、うまい。ゴマが効いて、豆板醤も聞いている。
f:id:hidekinghenry:20190323205611j:image

この細切りのチャーシューとネギの組み合わせは最高なんだよな。

ザクッ

うまい。やはりうまい。

f:id:hidekinghenry:20190323205555j:image

ほう!そして、俺の大好きな細縮れ麺じゃねーか!

ズズズズー!

うまい。こりゃ間違いないな。

ズズズズー

ズルズルズルー

 

ズー、ズルズルズルー

 

はい、酢豚です。

f:id:hidekinghenry:20190323205602j:image

う、忘れてたぜ。しかしでかいな。ハーフなのに。
f:id:hidekinghenry:20190323205546j:image

大きさもなかなかだ。

f:id:hidekinghenry:20190323205607j:image

はふい、はふはふ、あつ、はふはふ。

うーむ。味は普通か。悪くないが。

はふはふ。

 

ズルズルズル、ズズズズー、

ズズズズー、ズルズルズルー♪

 

ズルズル、ズズズズー♪

はふはふ♪

 

ふー、一気食いとはまさにこのことだぜ。

ゲフッ。

 

だめだ、明日が思いやられるぜ。

次郎は、独りごちた。

 

おい、会計頼む。

 

はい、2650円です。

こんだけ食うとな。町の中華では破格だな。

 

ほらよ、釣りはとっときねぇ。

新しい豆板醤でも買いな。

 

次郎はレジの金皿に2650円キッチリ入れると、颯爽と店を出た。

ふぅ、長居は無用だな。

 

車に乗り込み、エンジンをかけた。

チラチラとまた雪が舞っている。

 

なかなか冬が開けないな。

次郎の息でフロントガラスは曇っていた。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190323205634j:image

みんぱい@弘前城

町の中華。しかし、混んでる。出るの早い。メニューによりイマイチもあるが、なかなかどれもうまい。四川風ネギラーメンは、いわば担々麺。渋谷にあった亜寿加の担々麺に似ている。焼き餃子も柔らかくて皮も薄くてうまい。油淋鶏もよく出ている。

3.3次郎