函館次郎のひとり飯クエスト

函館次郎がうまい飯を求めて彷徨い、独りごちる至福の物語。

函館あじさい ラーメン 青森県五所川原市

f:id:hidekinghenry:20190319023810j:image

まさか俺が、ショッピングモールとはな…世も末だぜ。

次郎は独りごちた。

 

休日のある日。次郎は日帰り温泉で癒された後、少し遠出をしてみることにした。

 

いろいろ考えた末、青森で最近キてるらしいショッピングモールのエルムというところに行ってみることにした。

近くにうまいラーメン屋でもあれば御の字よ。

 

弘前から岩木山を左に見ながら50分、変なドームのそばにそのショッピングモールはあった。

 

混んでるな。平日のくせに。休日はさもありなん…だな。

 

今時珍しい回転ドアからモールに入って最初に飛び込んできた店内案内を見た。

ふーむ、特に見たい店はなさそうだな。二階のフードコートが少し気になるか。

次郎はエスカレーターで上がった。

 

しかし、地元の高校生やら、イケてると思ってる女が多いな。下らん。

 

む、あじさいに白樺か。北海道の名店が入ってるな。店は特に興味もないしな、次郎は気がつくと函館あじさいのレジ前に立っていた。

 

いらっしゃいませ。

あ、ああ。

背脂ラーメン、イカ墨味。

はい、かしこまりました。

880円です。

いい値段取るな。仕方ない。

ほらよ。

次郎はキッチリ880円を金皿に叩きつけた。

 

ではこれが鳴りましたら取りに来て下さい。

はいはいってか。

次郎は空いてる席に座った。

まだ夕方の4時半、空いていた。

 

ピリピリピリ♪

けたたましく機械が鳴った。

 

よし。

次郎はラーメンを受け取った。

f:id:hidekinghenry:20190321213141j:image

お、なかなかのビジュアル。

f:id:hidekinghenry:20190319023815j:image

黒い出汁。さすがイカ墨。

うーん、うまい。この独特の感じが良いんだよな。

なぜか麩だよな。函館は。
f:id:hidekinghenry:20190319023826j:image

出汁しっかり吸って。うまい。 

f:id:hidekinghenry:20190319023831j:image

卵も柔目でいい。
f:id:hidekinghenry:20190319023806j:image

チャーシューでかいな!これは嬉しい驚きだ。

うーん、うまい。食べ応えある。
f:id:hidekinghenry:20190319023801j:image

メンマもたくさん、嬉しい。
f:id:hidekinghenry:20190319023821j:image

そして、細麺。これがまたいいんだ。

ズルズルッ

 

ズズズズー

 

ズルズルッ

 

ズズズズー

ズルズル、ズルズル、ズルズルー。

 

ふぅ。ご馳走さん。

 

さてと、エルムでやることはやり尽くしたな。他のラーメン屋でも探すか。

 

次郎は再び車に乗り込み、五所川原駅付近を探索することにした。

 

 

いやーしかし、青森は広いなぁ。

次郎の呟きは、夕方の茜空に吸い込まれていった。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190319023810j:image

あじさい@青森県五所川原市エルム内

函館塩ラーメンの名店。五所川原市の有名なショッピングモールエルム内のフードコートにはいってる。しかし、あじさいは背脂ラーメンイカ墨スープの一択。

3.2次郎