函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

居酒屋わいわい 居酒屋 弘前

f:id:hidekinghenry:20190302193442j:image

はーるばる来たぜひーろさきー♪

ってか!

 

次郎は新しいプロジェクトにアサインされ、青森は弘前に赴いた。プロジェクトは長期に渡り、次郎の任期は未定だが、年単位で滞在することになりそうだった。

 

住み慣れだ東京を離れることは、次郎にとっては複雑な心境ではあったが、人間万事塞翁が馬、決めたのだった。

 

 

ふぅ。まだまだ冷えるな。

弘前の外気は1度。3月になったが東北はまだまだ寒さが厳しいのだった。

 

結局函館に近づいちまったな…

次郎は独りごちた。

 

さてと、仕事開始まで、まだ数日は余裕があることだし、まずは街の探索だな。

 

そうして、駅前を歩いていると、駅前の道から一本奥に入ったところに居酒屋を見つけた。

寒い、今夜はここでいいか。

 

 

ガラ♪

お、混んでるな!

店員は慌ただしく、次郎に気がつかない。

ちっ、客を待たすとは…

 

あ、いらっしゃい。

何名さ…

一人だ。見ればわかるだろう。

被せ気味に言ってやった。

初めが肝心だ。舐められないようにしないとな。

 

あ、はい、えーっと…

じゃぁカウンターでどうぞ。

ふん、当たり前だろう。

 

次郎はそう言い捨てカウンターに座った。

f:id:hidekinghenry:20190304155351j:image

寿司ネタがあり、おススメがボードに書いてある。しかし、テレビに目が行ってしまう。

さてと、どれどれメニューは…
f:id:hidekinghenry:20190304155301j:image
f:id:hidekinghenry:20190304155324j:imagef:id:hidekinghenry:20190304155346j:imagef:id:hidekinghenry:20190304155355j:image

ほうほう。やはり魚貝類だな。特にホタテか。

そして、日本酒か。
f:id:hidekinghenry:20190304155333j:image

よし、香り華やかな華一風にしよう。

おい、兄さん。

はいよ。

華一風を一合。

はいよ。

おまち。

f:id:hidekinghenry:20190304155244j:image

おお!華やかな香りが鼻を喜ばせる。スッキリとして飲みやすい。

 

さてと。

おい。

はいよ。

貝刺し三種盛り、ホタテ稚貝のバター炒め、イカメンチ、だてきみの天ぷら、鱈じゃっぱ汁、豚モツ煮込み、キムチ炒飯頼む。

 

まさか一人の量とはな…

次郎は独りごちた。

 

はい、貝刺し三種盛りです。

ほっき貝、ホタテ、サザエです。f:id:hidekinghenry:20190304155315j:image

ほう。うまそうな。
f:id:hidekinghenry:20190304155319j:image

ほっき貝、柔らかいな。新鮮だ。

f:id:hidekinghenry:20190304155252j:image

このホタテ、柔らかい!うまい!これまた新鮮だ。さすが青森。

f:id:hidekinghenry:20190304155311j:image

このサザエ、コリコリだな!これも新鮮だ!

くー。染みるなー。日本酒も貝も。

 

ホタテ稚貝のバター蒸しです。
f:id:hidekinghenry:20190304155403j:image

ほう!うまそうだな。稚貝とは勿体ない。

しかし、ほお!バター風味がまたうまい。

さすが青森。

 

イカメンチです。

ほう。
f:id:hidekinghenry:20190304155305j:image

食べ応えあるザックリした食感。イワシの匂いが濃厚だが嫌な感じがしない。こりゃうまいな。日本酒が進む。

 

来たな、獄きみと書いてダテキミと読むトウモロコシ。

f:id:hidekinghenry:20190304155248j:image
f:id:hidekinghenry:20190304155342j:image

ふお、噂通り、甘い食感!塩につけると甘みがより引き立つ!うまい!こりゃ当たりだ!華一風が合う。

 

じゃっぱ汁です。
f:id:hidekinghenry:20190304155337j:image

来たこの感じ。まずいわけがない。f:id:hidekinghenry:20190304155329j:image

うほ!この白子でかいな!

トロりと溶ける。甘い。このスープ、鱈の出汁が効いている。旨みたっぷりだ。適度な塩気だ。

 

そして、豚モツ煮込み。

く、これも塩味が丁度いい。モツもうまい。にんじん、じゃがいも、大根、こりゃたまらん。f:id:hidekinghenry:20190304155257j:image

はい、キムチ炒飯です。
f:id:hidekinghenry:20190304155359j:image

最後に大御所の登場だな。

豚肉が多い、キムチと相まって見事なハーモニー。しょうゆ味もしっかりついている。

 

ゲフッ。

さすがに満腹だ。 というより食べ過ぎたか。

 

さてと、兄ちゃんおいくらだい?

5873円です。

こんだけ食べて6000円行かないとは…

こりゃまた来るしかないな。

 

よし、ほらよ。

釣りはいらねーぜ。

ふっ、津軽でも決まったな。

次郎はキッチリ5873円を店員にピタリ払った。

 

ラガラガ♪

さぶ。

ブルブル。

 

やはり雪国弘前。まだまだ寒いな。

さてと、どこに繰り出すかな。

 

次郎は鍛冶町に消えた。続く。

 

居酒屋わいわい@弘前

f:id:hidekinghenry:20190306021420j:imagef:id:hidekinghenry:20190306021606j:image

魚貝もうまく、料理も。豊富

貝とイカがやはりうまい!

 

3.5次郎