函館次郎のひとり飯グルメ

函館次郎がうまい飯を求めて彷徨い、独りごちる至福の物語。

スヰートポーヅ 餃子 神保町

f:id:hidekinghenry:20181205143406j:image

うーむ、小腹が減っちまったな。

次郎は神保町にいた。何冊か本を買い、どこか喫茶店に洒落込もうとしていた。

 

時は午後2時。

朝昼兼用で早めに飯を食べていた次郎、このまま喫茶店もいいが…カレーの名店キッチン南海は長蛇の列、喫茶店さぼうるも長蛇の列。なんだ2時だっていうのに混んでるな。

 

ん?おお、たまにはここに突っ込んでみるか。気にはなっていたが入ることのなかった、餃子屋スヰートポーヅ。昭和30年から満州で創業した店。なるほど、店名はそういうわけだった。

 

次郎は暖簾をくぐった。

いらっしゃい。

1人だ。

そこどうぞ。

入口の席に座った。

 

さてと、

f:id:hidekinghenry:20181205143924j:image

特に種類はないな。よし、餃子定食だな。

おい、おばさん。

はい。

餃子定食、ライス小で。

はいよ。

 

見ると席は満席。なかなかの盛況ぶりだ。

始めに出されたお茶を飲んでまた次郎。

目の前に座る背広の男は次郎を見ているのかと思ったが、勘違いで、次郎の遥か後方をボンヤリと見つめていた。

あまりに動かないので、まるでロボットでもいるのかと間違うほどだ。

 

 

 

はい、おまたせしました。

突如沈黙は破られた。

f:id:hidekinghenry:20181205143406j:image

おお、シンプルな定食。

餃子、味噌汁、ご飯、御新香。

f:id:hidekinghenry:20181205144309j:image

なかなかうまそうなビジュアル。

f:id:hidekinghenry:20181205144341j:image

どれどれ。肉汁どぶぁ〜系ではないが、皮も薄く食べやすい。中身もぎっしりはいっているな。

なかなかいいぞ。昼には。アッサリしてていくらでも食えるな。

 

むしゃむしゃ

パクパク

むしゃむしゃ

パクパク

 

ふー。あっという間のランデブーだ。

会計は?

奥でお願します。

と、かなり奥の厨房間際で会計だった。

780円です。

ほらよ、釣りで新しい餃子の皮でも買いな。

 

次郎は暖簾をくぐった。

ふー。腹一杯だ。

まだキッチン南海は並んでいる。

 

ご苦労なこって。

次郎は列を一瞥すると地下鉄の入口に向かって歩いて行った。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20181205143406j:image

スヰートポーヅ@神保町

老舗の餃子屋。シンプルな味。悪くない。3.4次郎