食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

洋包丁 定食屋 早稲田

f:id:hidekinghenry:20181203223025j:image

栄通りか。懐かしいな。

次郎は独りごちた。

 

高田馬場駅を早稲田通り沿いに出て高架下の横にある裏通り。その名を栄通り。ここは次郎が学生時代に頻繁に通った通り。安い居酒屋、定食屋、ラーメン屋、怪しげな店が並び、店は変われど、今もなお通りの猥雑な雰囲気は変わらない。

 

さてと、今夜はここで飯でも食ってくか。

次郎はぷらぷらと栄通りに入り込んだ。

 

チェーン店のラーメン屋、定食屋が目に飛び込む。呼び込みや怪しげな外国人女性も立っている。

 

さてと、どーするか。

少し奥まったところにある洋包丁という定食屋が目に付いた。

f:id:hidekinghenry:20181203223425j:imagef:id:hidekinghenry:20181203223434j:image

こんな店あったか…

怪しいな。しかしどこか懐かしい。

よし、今夜はここだ。

 

うーむ、ここはポークからし焼肉だな。メンチカツもつけよう。これで770円は破格だ。

店内を覗くとしなびたサラリーマンしかいない。

ふん。お仲間だな。

 

グイ♪

はいよー!

変な挨拶だった。

 

次郎は奥に座り、食券を出す。店主らしき男性とアジア系の年季の入った女性。にこりともしない。これがまたいい。

 

店主は次郎の食券をおもむろに掴むと後ろを向き、料理を作り始めた。

 

中華鍋がいい音を奏で始める。

ソとラのハ長音か。いや、よくわからん。

f:id:hidekinghenry:20181203223724j:image

次郎はひたすら水を飲んだ。

 

はいよ。

f:id:hidekinghenry:20181203224017j:image

店主がポーク皿を渡してきて、女性は無言でライスと味噌汁を渡してくる。

ピクリとも表情が動かない。

f:id:hidekinghenry:20181203223025j:image

なんだかグロテスクなビジュアルだ。しかし風情がある。

 

うお、黒胡椒が効きすぎてうまい。なんじゃこりゃ。このカレーパスタも懐かしい味だ。

 

お、意外にこの味噌汁うまい。コクがある。メンチカツはいかにも付け合わせにありそうな味だ。しかし、やはりこのポークばら肉、うまいな。ご飯が進んじまう。学生は大喜びだろう。

 

むしゃむしゃ。

 

むしゃむしゃ。

 

 

ゲフッ

食ったな。なんだが、腹が一杯だ。油のせいか。学生時代を思い出すぜ。

 

ふぅ…

 

さてと、じゃあな、またくるぜ!

した!

 

また短い挨拶が飛んでくる。

グイ♪

 

ふー。あっという間に終わったな。こりゃはしごもあるな。

 

次郎はプラプラと栄通りの奥に消えていった。

まだまだ馬場の夜は終わらない。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20181203223025j:image

洋包丁@高田馬場

懐かしの定食屋。学生、サラリーマンの味方。

味はなかなか。

3.4次郎