食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

やまいち とんかつ 神田淡路町

f:id:hidekinghenry:20181127125901j:image

とんかつが食いてぇなぁ。

次郎はベッドの上でそんなことを考えていた。

立て込んでいた仕事がひと段落し、ゆっくり休むと、食欲が湧いてくるのだった。

 

ふぅ。

次郎は身支度を済ませると家を出た。

 

表参道駅にやってきたはいいが、さてと、どこに行くか。大門のとんかつ地区はなぁ。神田はどうだろうか。あそこなら。

三軒ほど目星を付けると次郎は新御茶ノ水に向かった。

 

 

ふぅ。さてと。ここから歩こう。千代田線は空いてていいぜ。

次郎は新御茶ノ水を降りて、小川町方面に歩いた。

 

目星をつけた一軒目、とんかつ万平。

12月3日まで休業します。

の貼り紙。

 

ち。偉そうに。

付いてないな。

 

仕方ない、もう一つに行くか。

次郎は道を渡り、淡路町方面に歩いた。

f:id:hidekinghenry:20181127131000j:image

お、あった。あれだ。11時だしな。入れるだろう。

 

ガラガラ♪

いらっしゃいませ。

一人だ。

カウンターどうぞ。

11時開店で11時5分に来たというのに、先客が3名。やるな。

次郎は独りごちた。

f:id:hidekinghenry:20181127131143j:image

迷うな。ここは。

おい、姉さん。

はい。

ロースとカキフライ1つ頼む。

はい、かしこまりました。

 

店主が肉を包丁の裏で叩いている。

なんだかつらそうだ。

まずはおしんこが渡された。

食べたら見ると、塩辛くてうまい。

そのうちにカラカラと美しい油の弾ける音が聴こえて来た。

来たな。この油で衣が揚がる音がたまんねーんだよな。

カウンターの上の調味料を一つ一つ確認し、らっきょを一つ頬張った。

おしんこもらっきょもなかなかいい。

 

はい、おまたせしました。

f:id:hidekinghenry:20181127131529j:image

おお!うまそう!

f:id:hidekinghenry:20181127125901j:imagef:id:hidekinghenry:20181127131623j:image

美しいクリエィブ。

さてと、まずは、キャベツにドレッシングを。

f:id:hidekinghenry:20181127131727j:image

サザンアイランドか。なかなかいい。

さてと。まずはポン酢おろしだ。

ザクザクの衣だ!それがしっとりポン酢と相まって絶妙なハーモニー。肉汁も弾ける。良く火が通っていていい。厚さも適度に厚く申し分ない。

 

そして、やはりソースだ。辛子をたっぷりつけてと。

f:id:hidekinghenry:20181127131830j:image

ザクッ、ジャワッ。

肉汁が弾ける。

うまい。

そして、 最後は醤油だ。

f:id:hidekinghenry:20181127132121j:image

ほぉ!うまい。やはり流石醤油だ。

しかし、今日はソースに軍配だな。

 

むしゃむしゃッ

ザク、ジャワッ!

 

ザクッ

牡蠣もうまいぜ。

 

 

ふぅ。

この味噌汁、赤だしだな。なかなかうまい。締めに持ってこいだ。

 

さてと、では会計頼む

1900円です。

1550円のロースと350円のカキフライか。まぁ仕方ない。

 

釣りはいらねーよ。

次郎は1900円キッチリカウンターに叩きつけた。

 

ラガラガ♪

イヤーうまかった。また来たいぜ。

さてと、今日は淡路町あたりで本でも読んでゆっくりするか。

 

次郎は喫茶店を探して淡路町を下っていった。

 

続く

f:id:hidekinghenry:20181127131529j:image

やまいち@淡路町

有名なとんかつ屋。衣はザクザク、肉はジューシー。焼き加減はメディアムウェルダン。うまい。12時は混んでて入れないかも。再訪したい。

3.7次郎