函館次郎のひとり飯グルメ

函館次郎がうまい飯を求めて彷徨い、独りごちる至福の物語。

麦とオリーブ ラーメン 銀座

f:id:hidekinghenry:20181121000319j:image

次郎は銀座にいた。

フラフラと銀座シックスの裏を歩いていると、喫茶店のようなお洒落な外観の店があり、覗いてみた。

中はカウンターが満席。しかし、女性客が多い。

店名は、麦とオリーブ。

パスタ屋か?

 

ん?違うな。

なに、ラーメン屋か!

仕方ない入ってみるか。

 

グイ♪

いらっしゃいませ。

お一人様ですか?

見ればわかるだろう。

 

カウンターどうぞ。

丁度一席空いていた席に座る次郎。

あ、食券機のパターンか。

次郎は荷物を置き、食券機にむかった。

食券機の上にメニュー表がある。

f:id:hidekinghenry:20181122122824j:image

 

ふむふむ。ラーメンとつけ麺。

鶏出汁と、蛤出汁。

ほう。蛤出汁に惹かれるな。ここはいろんなチャーシューが楽しめる特製だな。

次郎は1180円をキッチリ投入した。

 

さてと。再びカウンターに座り目をやると、なんだか仰々しいものが貼ってある。
f:id:hidekinghenry:20181121000426j:image

ミシュランか…だから女性が多いんだな。こういうのはたいてい不味いんだけどな。

後の祭りか…

 

はい、お待たせしました。

まずはトッピングです。
f:id:hidekinghenry:20181121000454j:image

先にトッピングか。どのタイミングで入れるのだろうか。見た目は綺麗だ。
f:id:hidekinghenry:20181121000444j:image

卵もいいな。

 

はい、ラーメンです。
f:id:hidekinghenry:20181121000319j:image

ほう。なかなかのビジュアル。
f:id:hidekinghenry:20181121000431j:image

兎にも、角にも、まずはスープか。

透き通っている。

 

ズズ。

 

ほう。俺の好みのスッキリタイプ。蛤もそうだが鶏出汁が効いてるな。なかなかいける。
f:id:hidekinghenry:20181121000437j:image

蛤は?少し小ぶりか。ラーメンに入ると贅沢だ。
f:id:hidekinghenry:20181121000416j:image

この鶏チャーシュー。柔らく、アッサリしているがスープとまぐわうとまた別の表情を見せる。
f:id:hidekinghenry:20181121000419j:image

豚チャーシュー。これは特製にしかつかないのか。

ほう。やはり豚だ。鶏よりもジューシーだな。うまい。
f:id:hidekinghenry:20181121000447j:image

さてと、麺は。

ほう、細麺だ。

ズルズルッ、ズルズルッ

 

うまい。このスープが良いんだな。麺とよく交わるとさらなる旨味を感じる。これにチャーシューが入ってくると一層贅沢な味わい。

 

ズルズル、ズルズル、

ズズズズー。

 

うまいな。

しかし、どんどんスープが減って行く。

 

お、そういえばオリーブで味変と書いてあったな。
f:id:hidekinghenry:20181121000410j:image

どれどれ。

次郎はオリーブを入れてかき混ぜた。

 

ズズ。

スープを飲んだ。

おお!なんだ、これはうまい。

オリーブの甘みと塩分がスープにピッタリだ。こりゃいい味変。

ズズズズ、ズズズズー

ズルズルッ、ズルズルッ、

 

ズズズズー。

気がつくと、スープまで無くなっていた。

 

やっちまった。

次郎は独りごちた。

 

仕方ない。単なるお洒落不味いラーメンではなかったな。

 

ご馳走さんと。

またくるぜ。

ありがとうございましたー。

 

グイ♪

ふー、すっかり夜だな。

 

なかなか素敵な発見だったぜ。

たまには銀座もいいな。

 

冬はどこに行ったのだろうか。

上着を羽織る必要もない外気に、次郎の足取りは心なしか軽くなっていた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20181122124517j:image

麦とオリーブ@銀座

お洒落なラーメン屋。しかし、味はしっかりしている。鶏肉と蛤のスッキリ醤油らーめん。つけ麺もあるようだが。具のボリュームもあり、あっという間になくなってしまう。

3.6次郎