食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

渡なべ ラーメン 早稲田

f:id:hidekinghenry:20181113022012j:image

お、あったあった。

まだあったとはな。

 

次郎は早稲田にいた。高田馬場に仕事で寄った帰りがけ、早めの夕食にありつこうとし、気がつけば早稲田方面に歩いていた。

 

昔懐かしい早稲田通り。次郎の学生時代の甘酸っぱい記憶が呼び覚まされる。

この道でラーメンのはしごや牛丼のはしご、ハンバーグのはしごもしたっけな。

若かったなぁ。

次郎は独りごちた。

 

明治通りに差し掛かる手前の小道を左手に入ったところに、学生時代に良く通ったラーメン屋があった。

 

変わらずぼんやりとした灯りが夜道を照らしている。

f:id:hidekinghenry:20181113022416j:image

ガラガラ♪

次郎が扉を開けた瞬間、逆側から同じような力がかかり、扉は2倍の速さで開いた。

うお!

中から5人ほどの学生グループがドヤドヤと出て来た。

 

うめーな!

いや、うめー!

 

口ぐちに叫んでいる。

ふん、小僧どもがっ!

この辺の学生のくせにこの名店を知らないとは。甘いぜ。

しかし、次郎も、初めて渡なべに入った時は、同じようなことを口走り、同じような冴えない学生だった。

ふん、成長しろよ。若造ども。

晴れやかな気分だった。

 

さてと。

f:id:hidekinghenry:20181113022923j:image

む。玄人の次郎さんからすると…

オーソドックスならーめんか、いや、ここはこの限定の岡山笹岡らーめんにしてみるか。

エイヤッ!

掛け声とともに、食券を購入した。

 

はいよ。

どうぞ奥へ。

 

カウンターの奥へ座った。

入れられた水をがぶ飲みする次郎。

 

ふー。

落ち着いたな。

 

チャッ、チャッ、チャッ

 

チャッ、チャッ、チャッ

 

小気味好く湯切りする店員。

期待できそうだ。

 

はいよ。

ゴトリ。沈黙は破られた。

f:id:hidekinghenry:20181113022012j:image

つお、なかなかのビジュアル。

渡なべらしからぬアッサリ醤油。

f:id:hidekinghenry:20181113023314j:image

艶ゆかで透き通るスープだな。

ほう。薄口。しかしコクがある。鶏肉の良い香りだ。

f:id:hidekinghenry:20181113023416j:image

食べやすい細麺。

ズズ、ズズズズ、ズルズルズルー!

次郎は一気に啜った。

ほう、うまい!

アッサリスープをよく引き込む柔らか細麺。一緒にネギとメンマが合わさると更に旨味が増す。食べる度に引き込まれていく味だな。

f:id:hidekinghenry:20181113023528j:image

そして、この鶏肉。

スープにも鶏肉の味が良く出てる。柔らかいが少し歯ごたえもある。このスープに良く馴染む。

 

ズルズルズル!

 

ズズズー!

 

ズルズルズルー!

ズズズズ、ズルズルー、ズズズズー!

 

ズルズルズルー!

 

プハーっ。

あっという間の戦闘だった。

アッサリなくなっちまった。

まだ全然食えるな。

 

ふん、なかなかだったな。本来の渡なべとはだいぶ路線が異なるが、そのポテンシャルを十分に感じさせる出来。

 

 

衰えてないな。

また来るぜ。

そう言うと、次郎はそそくさと店を出た。

ラガラガ♪

 

ふー。

ヤバイな、まだ全然いける。

こりゃ久々のはしごか…

 

そう呟いた横から、新たな冴えない学生が入店していく。

 

ふん、そうしてみんな大人になるんだぜ。

次郎は独りごちた。

 

早稲田通りのネオンがなぜだか輝いて見えた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20181113022012j:image

渡なべ@高田馬場と早稲田の真ん中。

本来は濃厚な魚出汁スープのラーメン。しかし、今日の限定の一杯はアッサリ鶏ガラ醤油。ポテンシャルを伺える一杯。どちらもうまい。

3.55次郎