食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

味覺 天ぷら 六本木

f:id:hidekinghenry:20181103195500j:image

次郎くん、今日昼飯でもどうだ。

教授からメールが入った。

教授の誘いはいつも急だ。そして単刀直入だ。

 

いいですね。

次郎も即レスで応酬する。

 

では、いつもの場所で12時に。

 

12時。六本木は欅坂の下で待ち合わせる教授と次郎。

教授は今日は六本木に?

あぁヒルズでEU経済事情についての講演があってな。

流石教授。

 

じゃ行こう。

はい。

 

ずんずんずんずん。

迷い知らずの教授は、今日の店も決めてあるようだ。

次郎も遅れないようについていく。

 

ずんずんずんずん。

 

今日はどこに?

着いたぞ。

 

おぉ。味覺という天ぷら屋の前に着いていた。

ガラガラ♪

二人だ。

 

はい、テーブルどうぞ。

次郎が着席するやいなやサラリーメン達がどしどし入店してくる。

間一髪だったぜ。

次郎は独りごちた。

 

f:id:hidekinghenry:20181103200157j:image

なるほど。まずは…初めてだしな。おまかせだな。

決めたか次郎くん。

はい。

 

おい、おやっさん

教授が店主らしきおっちゃんを呼ぶ。

 

天とろ丼と、おまかせで。

はい。

 

いやー、なかなかの盛況ぶりだな。

ですね。夜は高いんですかね。

どうだろうな、わからんな。

はっはっはっ。

 

流石教授。わからないことを即答する竹を割ったようなスタイルだ。

次郎は独りごちた。

 

ハイお待たせしました。

天とろとおまかせです。

f:id:hidekinghenry:20181103195500j:image

おお、なかなかのクリエイティブ。

教授の天トロもうまそうだ。

 

では頂こう。

ですね。いただきます。

 

そういうと、次郎は海老天を食べ始めた。

ほう。柔らかい。このタレが濃くて昼飯には持ってこいだ。

野菜もたくさん入ってるな。白身魚イカもうまいぜ。

 

むしゃむしゃ。

 

このタレご飯がうめーんだよな。

むしゃむしゃ。

 

いいだろう次郎くん。

ですね教授。

 

むしゃむしゃ。

 

むしゃむしゃ。

 

二人は一心不乱にかきこむ。

 

ズズズズ。

味噌汁が箸休めだ。

むしゃむしゃ。

 

ゲフッ

ご馳走さん。

 

いやー、うまかったな。

はい。

教授も既に終えていた。

流石教授、食べるのも速い。

 

では、お会計しよう。

ですね。

 

次郎くんは先に出ていてくれ。

いや、それは…

まぁいいからいいから。

 

くそ、またしてやられたぜ。

 

ご馳走さまでした教授。

いつもすいません。

なんのなんの。

 

じゃあな次郎くん。

はい教授。また。

 

またな。

そう言って踵を返す教授。

ずんずんずんずん。

 

ずんずんずんずん。

 

ずんずんず…

 

程なく見えなくなった。

 

さ、流石、教授。

あっという間の邂逅だったぜ。

次郎は独りごちた。

 

さてと、俺も仕事に戻るとするか。

次郎はそう呟くと欅坂に戻り、麻布十番方面に消えていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20181103195500j:image

味覺@六本木芋洗坂

芋洗坂を脇に入ったところにある天ぷら屋。夜は多少値が張りそう。タレが濃く昼飯にはちょうどいい。ボリューム満点。

3.5次郎