食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

角屋③ 日本酒バー 西麻布

f:id:hidekinghenry:20181101231909j:image

よ、久しぶり!

あ、次郎さん。お久しぶりです。

1人いける?

勿論です。どうぞ。

 

そうして次郎は、昔通っていた日本酒バー角屋に顔を出した。

 

さてと、まずはおススメの日本酒もらおうか。

はいよ。

f:id:hidekinghenry:20181101231909j:image

風の森です。冷やでどうぞ。

へー。

おお!濃厚だが爽やかな飲み口。ほのかに甘く、うまい。

こりゃいい。

 

うーむ。よし、秋刀魚の塩焼き、モツ煮、春雨サラダ頼む。

あ、それとワカメのナムル。

 

はいよ。

 

うーん、それにしてもうまい日本酒だ。

 

はい、春雨です。

f:id:hidekinghenry:20181101232357j:image

ツルツルッ。

そばのように吸い込む次郎。酸っぱくてうまい。強烈な酸っぱさだ。

はい、モツ煮です。熱いので気をつけて。

f:id:hidekinghenry:20181101232542j:image

おお!熱々だな!すごい湯気だ。

しばらく冷ます次郎。

そろそろだな。

あ!熱い!

結局熱いじゃねーか。しかしうまい。モツと蜂の巣がいいバランスだ。

 

はい、秋刀魚です。ちょっとだけご飯も用意しました。

f:id:hidekinghenry:20181101232820j:image

くっ、憎いね。

秋刀魚。カボスと大根おろし。日本酒。最高の組み合わせ。

醤油をかけるとさらにうまそうだ。

f:id:hidekinghenry:20181101233019j:image

やはりな。いい色だ。どれどれ。

う!うまい!さすが秋秋刀魚。ホロホロで脂がのっている。

f:id:hidekinghenry:20181101233115j:image

う!やはり秋刀魚には白飯だ。

 

おい、店主。

はいよ。

続いてチーズハンバーグ頼む。

はいよ。

 

ほう!

f:id:hidekinghenry:20181102092700j:image

うまそうだ。

f:id:hidekinghenry:20181101233519j:image

肉ギッシリ系だな。

この鞍上のチーズがまたうまい。

どしどし箸が進む。少し残した白飯と併せ技一本いや、三本くらいあるな。

 

いやー、止まらんな。

おい、唐揚げ1つと、豚串カツ一本頼むよ。

はいよ。

 

やばいなこりゃ。頼みすぎたか。

 

はいよ、お待ち。

おお!うまそう!

f:id:hidekinghenry:20181102125802j:image

やはり頼んで良かった。

f:id:hidekinghenry:20181102204751j:image

おお!この肉汁たまらん。ジューシーだぁ。

 

 

ゲフッ。

ふー、食ったぜー。

 

さてと。お会計頼む。

4800円です。

おお!リーズナブル。

さすがだ。

 

ご馳走さん。

釣りはいらねーぜ。これで新しい日本酒でも仕入れてくれよ。

ありがとうございます。

 

次郎はキッチリ4800円支払うと、店を後にした。

 

おお、なかなか冷えるな。日本酒を身体に入れて正解だぜ。

 

夜の喧騒に萌える西麻布を歩きながら、次郎は六本木ヒルズの高層階を見つめていた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20181102205049j:imagef:id:hidekinghenry:20181102205109j:imagef:id:hidekinghenry:20181102205735j:image

角屋@西麻布

リーズナブルでつまみ料理の充実している日本酒バー。使い勝手がめちゃめちゃ良い。日本酒の種類も豊富。

3.7次郎