食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

會水庵 いわしシラス親子丼 赤坂

f:id:hidekinghenry:20180828135523j:image

會水庵っておいしいイワシ丼の店があるんですよ。

次郎は、馴染みのマッサージ屋ゴットハンドから、イワシしらすの丼を食べさせる店があると聞き、早速施術後にそこを訪れた。

 

店は赤坂5丁目交番からほど近い裏道にあった。

 

 

ガラガラ♪

はい、いらっしゃい。

そう広くない店内。次郎の座る一席でカウンターは満席だった。

 

どうぞ。

あ、ああ。

 

次郎は席に座った。

f:id:hidekinghenry:20180828182727j:image

メニューを見ると、アナゴにイワシ、それらが少しうまそうな書き方である。

 

ふーむ。アナゴも惹かれるが、やはりここは初志貫徹、イワシしらすの親子丼だな。

 

 

大将、親子丼で。

はいよ。

 

次郎の両隣は全て親子丼だった。

ふむ。期待するか。

 

パチパチッ

うまそうな焼音が聞こえてくる。

あれは?アナゴか??

f:id:hidekinghenry:20180828183143j:image

直火に焼かれる魚。まるでうなぎの蒲焼だ。

やはりアナゴにすればよかったか…後悔の念がよぎる。

 

店主の包丁さばきが小気味いい。

 

当たりの匂いがプンプンするぜ。

む?まさか、あの蒲焼、イワシだと言うのか…

はい、お待ち。

 

おお!

f:id:hidekinghenry:20180828185006j:image

まさか、あれがイワシだったとは!

なんだかキチンとしてるな。

 

次郎は早速イワシを口に運んだ。

f:id:hidekinghenry:20180828183405j:image

ぐお!まるでうなぎじゃないか!うまい!ご飯のタレも鰻重のソレだ。こりゃあいい。なんか得した気分だ。

f:id:hidekinghenry:20180828183512j:image

そして、このしらすとのコラボ。爽やかさとうまみのハーモニー。やるじゃないか。

う、うまいな。

 

f:id:hidekinghenry:20180828183624j:image

そして、このトロロ。山芋感が半端ない。味変までいける贅沢。これは1200円払う価値はあるな 。イワシの量もボリューミー。合格だ!

 

 

ズズズ。

ふー。味噌汁もいい。具材が細かく切ってあり大将の技術力の高さをうかがわせる。

 

ばくばく

 

むしゃむしゃ

 

ばくばく

 

むしゃむしゃ。

 

 

ふー。食ったな。うまかったぜ。

あっという間に平らげた。

 

 

さてと、ほらよ。釣りはいらねーぜ。

新しい包丁研ぎ石でも買いな。

 

 

次郎はキッチリ1200円をカウンターに叩きつけた。

 

 

ガラガラ♪

ありがとうございます。

 

 

ふー、掘り出し店を見つけたぜ。

上機嫌な次郎。

 

相変わらず外気は34度の酷暑。

 

しらす大根おろしで気分だけでも清々しくってか。

じんわりとした汗を素肌に感じながら赤坂駅へと消えて行く次郎。

 

その側でヒグラシが勢いよく鳴いていた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180828185006j:image

會水庵@赤坂

穴子で有名な小料理屋。しかし、ランチはイワシしらすの親子丼が一押し。こんなイワシは余り食べられない。まるでうなぎの柔らかさとコク。

3.65次郎