食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

イエロー スープカレー すすきの

f:id:hidekinghenry:20180820144609j:image

く、どこも混んでやがる!

次郎は恩師である教授に呼ばれ、札幌にいた。

 

昼時、札幌で有名なスープカレー屋ピカンティに行ったところ、お盆で休み。その後近くの奥芝商店に行ったところ長蛇の列。仕方なく駅ビルの回転寿司根室花まるに行ったがそこも長蛇の列。

 

どこにいきゃーいいんだっ!ああっ!?

と、曇り空に強烈なメンチを切った次郎。

反応はなかった。

 

ふぅ、仕方ない。東京にもあるが、すすきののあそこに行くか。

 

次郎はタクシーに乗った。

 

すすきのだ。兎に角すすきのに急げ!

運転手に叫ぶ次郎。

はい、かしこまりました。

冷静な運転手。

 

ふん。

程なくすすきのに到着。

釣りはいらねーよ。それでガソリンでもいれな!

はい。

キッチリ1010円を渡す次郎。

 

さてと。

件の店イエローに着いた。

f:id:hidekinghenry:20180820145034j:image

お、並び列は0か。

喜び勇んで店に入ろうとすると。

ぐ、なんだ、奥にこれほど並んでいるとは…

 

くそ、ううう、仕方ない並ぶか。

 

待つこと20分。

 

お待たせしました。

やっと席に案内された。

 

さてと…

やはり、ここは人気ナンバーワンのチキンだな。

 

おい、ねーちゃん。

はい、お待たせしました。

 

チキン、辛さ4番/5、厚切りベーコン・納豆トッピングだ。

 

はい、かしこまりました。

 

さてと…

次郎の後にも15人程が待っている。8月の札幌は激混みだな。

 

ランチサービスのウーロン茶です。

 

ふん。

次郎は一気に飲み干した。

 

プハー。まだかカレーは。あぁ?

次郎は持ってきた店員の後ろ姿に向けて強烈なメンチを切った。

 

 

反応はなかった。

 

 

そうこうしているうちに、カレーが来た。

はい、お待たせしました。

ごとり。

f:id:hidekinghenry:20180821011831j:image

おお。

すごいビジュアルだ。

f:id:hidekinghenry:20180821011818j:image

なんというボリューム。ベーコンとかぼちゃのデカさは半端ない。

f:id:hidekinghenry:20180821012023j:imagef:id:hidekinghenry:20180821012151j:image

舞茸もチキンもでかい。

f:id:hidekinghenry:20180821012235j:imagef:id:hidekinghenry:20180821012249j:image

どれから食うか…

ま、まずは、かぼちゃだ。 

 

…く、う、うまい。

甘い。なんて甘いかぼちゃだ。

ベーコンも分厚い…

チキンはホロホロだ。

く、舞茸は…柔らかく、うまい。

f:id:hidekinghenry:20180821012748j:image

スープはクリーミーに見えるがアッサリ爽やかだ。同じ店だが、素材の味は東京店とはやはり雲泥の差だな。

 

待った甲斐があったってもんだぜ。

次郎は独りごちた。

 

むしゃむしゃ

 

ずず

 

むしゃむしゃ

 

ずず

 

うまい。

たまらんな。

 

ずず、ずず、ずずずずずー。

ふぅ、ゲフッ。

 

うまかったな。

おい、会計頼む。

1600円です。

 

なに、意外と安い。これまた北海道価格か。

最高だな。

ほらよ、釣りはいらねーよ。

これで、大きなかぼちゃでも買いな。

 

次郎はキッチリ1600円をレジに叩きつけた。

 

 

グイッ。

店に出た次郎。

 

さてと、腹ごしらえも終わったし、行くとするか。

次郎は快適な気温の中、カレーで火照った顔から爽やかな汗を流し、目の前を通ったタクシーを止め、北大方面に消えて行った。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180821011818j:image

カレーハウスイエロー@北海道すすきの店

バランスの良いスープカレー。北海道本店の素材は抜群にうまい。

3.7次郎

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1002181/top_amp/%3Fusqp%3Dmq331AQGCAEoATgA