食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

かづ枝 白河ラーメン 新白河

f:id:hidekinghenry:20180807173252j:image

ちっ、なんもねーな。

 

次郎は知り合いの住む新白河駅にいた。

福島に近いとはいえ、新白河も暑い。

まもなく東京への帰り道。まだ新幹線の時間に余裕があった。

 

 

そういえば、あいつ言ってたな。駅前に白河ラーメンの店があると。

 

 

行ってみるか。

次郎は独りごちた。

 

駅前だと言ってたな…おっ、あったあった。

 

かづ枝

それっぽい名前だな。

 

ガラガラ♪

いらっしゃい。何名様?

1人だ。

カウンターどうぞ。

 

次郎はカウンターのふちに座った。

f:id:hidekinghenry:20180807173954j:image
f:id:hidekinghenry:20180807173950j:image

むぅ。迷うが…ラーメンだなやはり。それと、餃子もいこう。

 

おばちゃん

ラーメンと餃子頼む。

あいよ。

 

ふー、店内は混んでいた。なかなかの盛況ぶりだ。

 

次から次へとラーメンが運ばれてくる。

そろそろか。

 

ごとり。はい、お待ちどおさま。

f:id:hidekinghenry:20180807175640j:image

餃子ね。

f:id:hidekinghenry:20180807175656j:image

昔ながらの…という感じか。

さて、

f:id:hidekinghenry:20180807175728j:image

手打ち麺とのことだが、

ズルズルッ

ほお、なかなか歯応えがあるな。うまいな。

味もシンプルな醤油味。

f:id:hidekinghenry:20180807175826j:image

チャーシューが分厚いな。しかし、固すぎず、うまいな。いくらでも食べれるな。

餃子はどうだ?

ほぉ、餃子の皮が、柔らかく、味もしっかり付いている。うまいじゃねーか。

 

ズルズルッ

 

ムシャムシャ

 

ズルズルッ

 

ムシャムシャッ

 

ふー。うまかった。

おい、会計だ。

900円です。

 

ほらよ。これで新しいそば粉でも買いな。

次郎はキッチリ900円をカウンターに叩きつけた。

 

ガラガラ♪

ふー、しかし暑いな。

次郎は新白河駅に向かって歩きだした。

夏の日差し次郎の背中を突き刺す。

 

まだまだ夏は終わらないってか。

駅の木陰でヒグラシが鳴きはじめていた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180807175640j:image

かづ枝@新白河

白河ラーメンの店。あっさりシンプルな醤油味。餃子もうまい。ホルモン焼きにそそられたが次はそれか。

並ぶほどは混まないので入りやすい。

3.3次郎