食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

I Buoni Amici, Roma

f:id:hidekinghenry:20180728095743j:image

こりゃうまそうだな。

次郎はローマのメトロA線のスパーニャ駅から電車を待つ間に、今夜の夕飯の店を探していた。誰かの現地ブログやトリップアドバイザーを検索しまくり、一軒の店にたどり着いた。

 

I Buoni Amici 

ローマ地下鉄A線Manzoni 駅で下車し、徒歩五分ほどのところにその店はあった。

f:id:hidekinghenry:20180728100537j:image

このあたりはあまり観光地化されていないな。そして、この店、さっきから地元人ばかり入っていくぞ。これは当たりの予感だ。

 

次郎が店に近づくと、

Are you Mr.Hakodate?

 

Si. おお、出迎えてくれたか、一本電話を入れた甲斐があったな。

 

Prego.

次郎は予め用意された先に座った。店内は既に満席に近い。給仕の店員もスカーフを肩に掛け、雰囲気がある。

 

これはますます当たりだな。

次郎は独りごちた。

 

さてさてと。

次郎はメニューに目を通した。

f:id:hidekinghenry:20180728101013j:image
f:id:hidekinghenry:20180728101042j:image
f:id:hidekinghenry:20180728101027j:image
f:id:hidekinghenry:20180728101018j:image
f:id:hidekinghenry:20180728101032j:image
f:id:hidekinghenry:20180728101037j:image
f:id:hidekinghenry:20180728101022j:image
f:id:hidekinghenry:20180728101046j:image

ふんふん、どれも捨てがたいな。そして安い。やはり地元価格だな。

 

それではと。

へい、オヤジ!

Si.

 

サラダ、ボンゴレビアンコ、魚介リゾット、更には、うう、グリルした海老も頼む。それと白ワインだ。

 

Si....

 

一瞬怪訝な顔をされる次郎。

きっと多すぎだよな。いいんだ、それが俺の流儀だ。気にするな。

次郎は軽く咳払いをした。

 

Prego.

まずは白ワインが運ばれて来た。手に取るや否や次郎はそれをがぶ飲みした。昼間の暑さで喉が渇ききっていた。

f:id:hidekinghenry:20180728101531j:image

スッキリと飲みやすい。

目の前の別のテーブルには、料理がどんどん運ばれて、地元民が楽しげに食事をしている。どれも一皿の量が多い。

f:id:hidekinghenry:20180728101644j:image

これはまずいな…ええい、ままよ。

体力の限界まで喰らうのみだ。

 

Prego.

f:id:hidekinghenry:20180728095739j:image

うまそうなサラダだな。バルサミコ酢とオリーブオイルをたっぷりかけてと。

 

お、うまい。このバルサミコ酢は慣れてくると癖になるな。なんにでもかけたくなるぜ。

 

Risotto, Prego.

f:id:hidekinghenry:20180728102234j:image

おう、きたな。どれどれその実力は??

ぐぉ、うまい!派手さがないのに出汁が効きまくりだ。タコ、エビ、イカ、浅利、ムール貝、やばいな。米のしっとり感も半端ない。うまい。

 

Pasta, prego.

f:id:hidekinghenry:20180728102549j:image

来たな。うまそうな匂いがプンプンするぞ。

ぐほ!うまい!浅利の出汁、オリーブオイル、ニンニクが素晴らしいハーモニーだ。浅利の身もうまい。そして、パスタの茹で加減は完璧だな。この店、ヤバいぞ!

 

ズルズルッ、ズルズルッ

ゲフッ

ヤバいな、もう限界に近い…

 

King Prawns Prego.

f:id:hidekinghenry:20180728095747j:image

ぐお、ここに来てこの大将格。全ては俺の責任だ。

バリバリッ

次郎は殻を剥きながら、エビにかぶりついた。

うお、なんだこのエビのエキスは。臭みもなく、味もいい。ぐおー、うまい。

 

 

今夜腹痛に襲われても仕方ない。

バリバリッ

バリバリッ

 

ゲフッ。

もう食えん。

 

おい、オヤジ会計だ。

Si, Shinore.

53€.

 

こんだけ食ってこれか。やばいなここは。

ありがとよ。最高だったぜ。

 

こりゃひょっとすると、ひょっとするな…

次郎はそう独りごち、店を出た。

 

翌日。

 

Welcome again, Shinore,

ふふ、結局また来ちまったよ。

次郎は2日連続でこの店に来た。あまりにうまい料理の数々に魅せられた結果だった。

 

さてと、昨日食えなかった、

タコのサラダ、ムール貝、海鮮トマトパスタを頼む。それと白ワインだ。

Si. Shinore.

 

Prego.

まずは白ワインをまたもがぶ飲みする次郎。

プハー。やはりスタートはこれよ。

 

Prego.

f:id:hidekinghenry:20180728104538j:image

来た。これだ。うまそーだー♪

うお、柔らかい、素晴らしい酸味。やはり、俺の目に狂いはなかった。うますぎるぜ。

 

Mussels Prego.

f:id:hidekinghenry:20180728192642j:image

く、シンプルだが出汁が効いててうまい。レモンが良く合うな。いくらでもいける。

 

Pasta Prego.
f:id:hidekinghenry:20180728095751j:image

こりゃまたえらいこっちゃ。

うまい。

パスタの茹で加減、トマトと魚介の出汁のマリアージュが完璧だ。完敗だよ。

ふぅ、うまかったな。

 

 

そして、

実は頼んでみたかったリモンチェッロ

おい、オヤジ、リモンチェッロ頼む。

Si.
f:id:hidekinghenry:20180728095736j:image

速いな。

よくかき混ぜてと。

うお、この白いのは生クリームと思いきや、シャーベットか。酸っぱめのリモンチェッロによく合うな。

 

大満足だよオヤジ。

Grazie.

 

会計頼む。

Si.48€ Perfarvore.

 

ほらよ。むしろチップもやるぜ。それで新しいスカーフでも買いな。

そう言うとキッチリ48€をテーブルに置く次郎。

 

グイ♪

しかし、21時なのにまだ明るいな。さすがローマだぜ。

 

少し出た腹を抑えながら、次郎はローマの街に消えて行った。

 

続く。

 

 

I Buoni Amici, Via Aleardo Aleardi, 4, 86100 Roma RM, イタリア

f:id:hidekinghenry:20180728114559j:image
f:id:hidekinghenry:20180728114548j:image
f:id:hidekinghenry:20180728114555j:image
f:id:hidekinghenry:20180728114552j:image

3.9次郎

ローマ一押しのリストランテ

魚介がめちゃうまい。ボンゴレはおススメ。