食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

Bar hopping in Sansebastian ③

f:id:hidekinghenry:20180721061338j:image

ふー、今朝もボリューミーな朝食だったぜ。

ゲフッ

 

流石にこれで三時間後の昼食は厳しいな。

しかーし、しかしだ。今日は雨だしな、海も寒いし、やはり行くしかねーか、弥次さんよう。

次郎は独りごちた。

f:id:hidekinghenry:20180721061926j:image

 

朝食後12時までシエスタを決め込んだ次郎。

さてと、そろそろ繰り出すか。

次郎は再び海岸沿いを歩いて旧市街へ向かった。

 

今日の一軒目は、と。

ここだここ。前衛的なお洒落バル。

“Bar Zeruko”

隣にリストランテも併設されているバル。

早速入店。まだ少しランチタイムには早いのか空いている。

チャンスだな。

Hola と声をかけつつ、空いてる席におもむろに座る次郎。店内には所狭しとカラフル且つ美しいピンチョスが並んでいる。

f:id:hidekinghenry:20180721062146j:image
f:id:hidekinghenry:20180721062200j:image
f:id:hidekinghenry:20180721062150j:image
f:id:hidekinghenry:20180721062155j:image
f:id:hidekinghenry:20180721061338j:image

 

f:id:hidekinghenry:20180721071824j:image

さてと、ここは、野菜系で攻めるか。

 

おい、兄ちゃん。

Si Senore.

これと、これと、これと、これと、あとこれと…これだ。6点だ。それと、サングリアを頼む。ユリオカでな。

 

Si Senore...Yurioka...??

気にするな若造。

 

しばらくするとビールとピンチョスがもう一度暖められてやってきた。

 

なるほど、もう一度適温にしてくれるのか、気が利くな。他のバルとは一味違うな。

f:id:hidekinghenry:20180721062806j:image

色とりどりで、うまそうだな。

まずは、鴨レバーパテとシシトウだな。いい匂いだ。バルサミコ酢とパテがよく合う。見た目も美しい。
f:id:hidekinghenry:20180721062821j:image

続いては、この魚のアヒージョだな。こりゃうにも入ってるな。濃厚だ。
f:id:hidekinghenry:20180721062816j:image

そして、ピンチョス二本。一本はアンチョビととオリーブ。もう一本はサーモンにツナそしてエビ。この酸味が格別なんだよな。やはりうまい。
f:id:hidekinghenry:20180721062811j:image

そして、この、イカスミのイカ炒め。うまいな。もはや、理由はいらん。
f:id:hidekinghenry:20180721062756j:image

そして、このでかいマッシュルーム。ジューシーで、しっかりした、味付け。この店は相当レベルが高い。
f:id:hidekinghenry:20180721062801j:image

 

兄ちゃん、これとこれと、これ追加だ。

f:id:hidekinghenry:20180721064024j:image

イチジクと胡麻のキャラメルソース。お洒落だ。そして、程よく甘い。
f:id:hidekinghenry:20180721064019j:image

そして、サラミとパプリカと目玉焼き。トマト・オリーブオイルがけ。美しい。そしてうまい。
f:id:hidekinghenry:20180721064015j:image

最後は、にんにくの花とフォアグラパイ包み。お洒落過ぎるだろう。そして、うまい。

 

この店相当気合入ってるぜ。リピートあるぞ!

次郎は感動のあまり少し声が出ていた。赤ワインを更に追加し、至福の時を楽しんだ。

 

さてと、会計だ。

Si, Shinore,

30.2€, Perfarvore.

ほらよ。カードでな。しかし安いな。ありがたいぜ。

じゃあな、兄ちゃん。

Agur.

 

いやー、ついつい食べすぎたな一軒目で。一応二軒目も行っとくか。次郎は少し歩いて、次なる店に挑んだ。

 

ここだここだ。

“Baztan”

f:id:hidekinghenry:20180721064947j:image

店内に入ると日本語もお目見え。例によって生ハムが垂れ下がっている。店員もなかなか活気がある。

f:id:hidekinghenry:20180721065558j:image
f:id:hidekinghenry:20180721064941j:image

さてさて、タパスは?と。

f:id:hidekinghenry:20180721065328j:image
f:id:hidekinghenry:20180721065313j:image
f:id:hidekinghenry:20180721065323j:image
f:id:hidekinghenry:20180721065318j:image

おお、これもまた華やかな。

しかし、かなり腹は一杯だしな。

おい、オッサン、これとこれとこれ2つ頼む。それからサングリアもな。ええい、面倒だ、二杯頼む。

Si, Shinore.

f:id:hidekinghenry:20180721065825j:image

このホタルイカ、うまそうだ。海老とイカの串も良さそうだ。そして、オリーブ・トウガラシ・アンチョビの串だ。

予想通りうまい。オリーブとアンチョビとししとう、酸味が抜群だ。

ホタルイカもうまいな。こりゃ、いくらでも入る。

あー、サングリアうまいなーこれ。たまらんぞ。

f:id:hidekinghenry:20180721065820j:image

ふー、ゲフッ。

おい、オッサン会計頼む。

Si. 15.4€ Perfarvore.

しかし、安いな。いいだろう。サクサクカード払いだ。釣りはいらねーぜ。

 

 

昼はもう限界だ。

一旦退散するとしよう。

満腹で眠い目を擦りながら、外へ出る次郎。

 

まだ雨は止まないか…

次郎は足速に海岸沿いのホテルにむかって歩き出した。

 

続く。

 

@全てサンセバスチャン旧市街

Bar Zeruko

f:id:hidekinghenry:20180721061338j:image
f:id:hidekinghenry:20180721062155j:image

お洒落過ぎるピンチョスのバル。日本人がとても好きそう。サービスもいい。野菜系が充実している。更にリーズナブル。言うことなし!

3.8次郎

 


Bar Baztan 

f:id:hidekinghenry:20180721065323j:image
f:id:hidekinghenry:20180721065328j:image
f:id:hidekinghenry:20180721071533j:image
f:id:hidekinghenry:20180721065820j:image

こちらも、活気のあるお洒落なピンチョスバル。サングリアの炭酸がうまい。イカのグリルもおススメ。

3.7次郎